2018年上半期買ってよかった釣具を紹介。

ダイワ

 

もう2018年も半分を過ぎようとしている、という恐ろしい事実。

と、いう事を考えてもしょうがないので、2018年上半期で買って良かったと思う釣具を紹介します。

 

第5位

・ダイワ モアザン シャロール75F-SSR

最近やたらと登場の「モアザン シャロール」です。最近使う頻度が多いので印象が強いというのもありますが、

・シャローを引ける

・ロールアクション

・デイゲームでも反応が良い

という事で使用頻度が非常に高いルアーです。これで足元の際を引いてくるのが最近僕の中で流行っているのでランクイン。

 

第4位

・シーガー プレミアムマックス(リーダー)

 

 

最近使い始めたばかりなのですが、このリーダー非常に良いです。

「しなやか」「傷がつきにくい」というのが大きな特徴だと思いますが、とにかくフロロカーボンと思えないようなしなやかさです。

30mで1000円ちょいする、というなかなか良いお値段ではありますが、昨年初めて8本撚りのPEラインを使って「あーもう4本撚りには戻れねーわ」と思った時のように、これを使い出すと当面これでいいわ、となりますよ。

 

第3位

・ダイワ シルバーウルフ710ML-S

 

初めて買ったチニングロッドである、「シルバーウルフ 710ML-S」が第三位。
買うまでは「ブラックスターS78で十分では・・」という考えとの戦いでして、結果的に「別にブラックスターS78でも十分だった(笑)」という思いはあるものの、 実売1万円台前半という事を考えると、非常に取り回しもよく扱いやすいロッドだと思います。

チニングのみならず、ライトゲーム全般からライトなシーバスゲームまで十分に使えるロッドで、このロッドを一言で言えば「素直なロッド」という感じでしょうか。

対応ルアーが4〜18gと幅広いため、さすがにアジングは厳しいですけどそこそこマルチに使えるロッドですので、初心者にオススメのロッドです。

 

第2位

・ウミボウズ フィッシュグリップ

最初に届いた時は「デカっ」と思いまして、やっちまったかな・・と思いましたが、慣れるとこれが非常に便利でして、Amazonで3900円程なんですけど頑丈でよく出来てます。

でかくて邪魔というデメリットはありますが、やはり魚の口付近を挟むフィッシュグリップだとフックで怪我をする可能性がありますし、このくらいの大きさがあるほうが便利だったりします。

第1位

・ダイワ モアザン スライ95F

 

タックルベリーで新古品が安かったので買ったら大当たりだったのがこの「モアザン スライ95F」。VJ-16/22で渋くなってきた時期に大活躍でした。

最近はハクパターンが終わり、あまり釣れなくなってきましたが「ドリフトって何だよ・・」と思っていた私のシーバスゲームの視野を広げてくれたルアーです。

気に入って4色買ってしまいました。

ランク外製品

決して「買って損した」という訳ではないんですがランク外になったものを幾つか紹介。

 

・DUO テトラワークス ユラメキ

→ベイトが極小サイズの時に活躍しました。小粒なのにかなり飛距離が出るのでかなり助けられましたが、使っていて楽しいわけではないのでランク外。

大型が掛かると厳しいですが、非常によく釣れるのでオススメです。

 

・ダイワ 18フリームスLT3000

→決して悪いリールではない。いやむしろこの値段を考えると抜群に良いリールと思います、が、あくまで個人的に気づいたことがありまして、それは「俺ハイギアのほうが好きだわ」という事で出番が少なくランク外。これからリールを揃えたいという人には非常にオススメ。

 

・ダイワ レイジー100ML

→これも値段を考えると決して悪いロッドではないのです。ただ10フィートというレングスがイマイチ馴染めず、9ftくらいのロッドを使うことが多いためこちらもランク外。

 

・ダイワ スイッチヒッター SH-LBD

→まだまともなシーバスを1回しか掛けてないので・・・ランク外。

 

 

そしてここまで書いて気づいたけど、ダイワ製品ばかり買ってるぞ俺・・・。

 

タイトルとURLをコピーしました