外道(タチウオ)連発ジャーキングなシーバス釣行(2018/6/24)

シーバス

 

雨ばかりの宮崎が晴れた。

当然ながら釣りに行くわけである。

尚、シーバスは釣れていない事、「外道」と書いてますが本命がシーバスなだけで、太刀魚のほうが良いじゃん、という事は言わないでください。

 

ジャーキング・トゥイッチが僕の中で流行中

レイジースリムやグルービンのジャーキング、トゥイッチというのが僕の中で今流行っている釣り方です。

何で今更、という感じなのですが、シーバスを始めた頃にやってみたことはあったんですが、当時は「ちっとも釣れなかった」んですよね。

何も考えず明暗をただデッドスローで引いてくる、という釣り方が一番釣れたんで、そこからは当面そればっかりやってたんですけど、「タダ巻きで反応が無い日」にはジャーキング・トゥイッチが効くということが最近分かってきまして、改めてやっているわけです。

 

但し、諸刃の剣である

このジャーキング、トゥイッチというアクションですが、釣れるんですけど

 

諸刃の剣

 

だと思っています。釣れるんですけど

 

スレ方が半端ねえ

 

という事なんですよね。

1匹掛けてバラそうものなら、マジで釣れなくなると感じています。

以前橋脚打ちばかりやってたら、通りすがりのアングラーに「同じところ投げてたらスレますよ」と言われたんですが、VJならスレてきてもそこそこ釣れるんで気にもしてなかったわけですけど、いざ「ジャーキング・トゥイッチ」をやりだすと

 

これがスレか!

 

というくらい釣れなくなります。本当のところは魚に聞かないと分かりませんので、たまたまかもしれませんが、以前グルービンのトゥイッチで2連発で掛けた後、ボイルしてるのに無反応、という事があり、あながち間違いでも無さそうです。

 

でもジャーキング連発してみた

一通り鉄板ルアーを投げ倒したが反応が無かったので、こうなってしまえばもはや最終手段を連発するしかない、ということでジャーキングを連発してみます。

ルアーはダイワの「モアザン レイジースリム 110S-LV」「月光ホワイト」カラー。

 

この色がナイトゲームには効くだろうという事で購入。

この「110S-LV」というモデルですが、いわゆる「110Sのシャロー版」というモデルでして、重量が110Sの22.5gに比べて16gと軽くなっていて、シャローを引けるモデルになっています。

ちょうど僕が行く河川はシャローエリアが多いので「110S-LV」「88S」のほうが使い勝手が良いわけですね。

というわけで明暗の際にキャストし、ジャーキングする事2投目、、、

ゴン!

とバイト。さすがジャーキング!ハマれば一発!(2投目だけど)

と思ったがやけにパワーが無いので、すぐに掛かった魚がこいつだと分かる。

指2.5本サイズ、、僕は指が太いので、普通の人ならギリ3本か・・というサイズ。

まぁ、、僕以外の釣り人は全員太刀魚を狙ってるようなので居るのは分かってたんですけどね、、。

 

気を取り直して再びジャーキング

僕のロッド操作音からすると「あぁ、ワインドやってんだろうな」と思われるような音を出しながら、「違います、ジャーキングです」と全くどうでもよい事を考えながらさらに数投目。

コツ、コツ、、グググ

と小さなアタリから急に重くなり、魚が掛かったことが分かったが、この重さ&引きの無さからもすぐに対象魚が分かった。掛かり方もね。

予想通りの太刀魚スレ掛かりである。

もう太刀魚のスレは散々経験してきたのですぐに分かる。

これも2本半サイズ。

どうやらこのサイズしか居ないようで、この後は投げ続けてもノーバイトで終了。

 

太刀魚にもジャーキングは良いかもしれない

夜になると浮いてくる太刀魚ですが、時合が来るとボイルする時があります。

以前は軽めのメタルジグを投げて表層付近をトゥイッチして釣ってたんですけど、ジャーキングして釣る、というのもアリかもしれませんね。

リーダーがボロボロだったので危うくロストしそうでしたけどね・・・。

ジグだと速すぎる時にどうぞ。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました