シーバス釣り研究その1「2017/6の潮汐・その他」

釣りは科学と思っているのですが、人間が千年以上前から釣りをしているにも関わらず「完璧なメソッドが確立されていない」分野でもあり、そこが面白いところです。

僕がシーバス釣りを始めたのはここ数ヶ月で、そこそこ釣れるようになってきましたのでちょっと振り返り。2017/6の釣果のみです。

ちなみに河川ではなく港での釣果です。

1匹目

釣り上げたのが21:55ごろ。

小潮ですが丁度潮の動くタイミング(といっても港なのでズレはありますが)のようです。

2匹目

中潮ですが一般的に潮が大きく動くベストなタイミング(赤線部分)とはズレがあり、下げ始めのタイミングのようです。

3匹目

また小潮ですが、20:50という潮の動くタイミングです。天候は曇り。

4匹目

今度は大潮の下げ。21:10頃でした。天候は雨です。

5匹目

大潮ですが、こいつだけヒラでした。天候は雨です。

考察

5匹程度ではデータとして全然役に立たない件数ではありますが、割と潮汐としては今のところバラバラです。ド干潮なのが1回、それ以外は潮の動くタイミングか「下げ始め」というのが調子が良さそうです。

たまたま釣り上げたのがこの時間なだけで、大抵前1時間はアタリがあったが乗らない、という事が起きています。

他に思っている事が、何故か「表層しかアタリが無い」という事。

表層でアタリが無い時もあり、そういう時はレンジがずれてるのかな?と思い、いろいろなルアーを試しますが、今のところ表層じゃないとアタリがありません。

ダントツにアタリがあるのが「エリア10」と「エリア10 EVO」なのですが、もちろんアタリがあるからキャスト回数が増えるわけで、まだ必ずしもこれらルアーが最強なのかは分かりません。他に強いのが「Sasuke SF-75」です。どれも表層を攻めるルアーです。

ちなみに宮崎はバチ抜けしないのに何で表層のルアーが強いのかが分かっていません・・・。

特に僕が使ってて何故かシーバスが釣れないのが「メタルバイブ」なのです。

鉄板系というのは一大ジャンルなのですが、釣れません(笑)

※他の魚は釣れます

釣りは地域によってベイトが違ったりするので、地域それぞれの強い釣り方があるのが面白いですね。早巻きが足らないのだろうか・・・。

とりあえずエリア10、エリア10 EVOは各地で実績があるようなので、使ったことが無い人は是非。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする