【激渋2】シーバス2018年5月の実績ルアーを公開

段々と釣りが下手な事を露呈するだけとなっているこの月イチ記事。

宮崎では「バチパターン」というものは知る限り無いので、中々厳しい状況が続いています。

釣れなさすぎてこの企画を止めようかと思いましたが、まあ素人の釣行なのでそこは大目に・・。

5月概略

4月後半〜5月上旬までは「釣れないボイル」を何とか攻略してやろうと躍起になってみたのですが、

完全なる惨敗

という結果に終わりまして、終いにはチニングやヘチ釣りを始めるという結果に。

天候もあまり良く無いため釣行自体が少なかったのが5月。

梅雨も近づいて来た頃、やっと90mmほどのルアーに反応するようになったものの

バラし連発

という事で大した釣果が無いんで、今月は「HITしたがバラした」も入れておこうと思います。逃げですごめんなさい。

3位 該当なし

そりゃまあ該当無いよね・・。

強いて言うならば、「モアザン シャロール」の夕マズメ岸壁際ゲームで「何度もバイトがあったが掛からず」というのを繰り返したという点でしょうか・・。

河川の岸壁(防波堤ではなく石を積んであるような際)を「3Dイナッ子」カラーで攻めると、影からシーバスがボフッと出てくるんですが、3回も出たのに掛からず。

2位 1匹(1バラし) ロンジン フランキー

1匹で2位という切ない感じですけど、ヤンキー集団が来なければ穫れてたのに・・という悔やまれる釣果。

こちらはナイトゲームで普段船に隠れている奴を狙い、明暗と船のギリギリを通して得たバイト。

カラーはザ・ナイトゲーム的な「ドチャートマット」

着水直後の巻き出しでヒットでした。

1位 3匹(2バラし) エリア10

この時期最強のルアーである「エリア10」が今年も活躍。

このエリア10の弱点は「すぐ折れるフック」「あまり飛距離が出ないこと」だと思うのですが、僕がエリア10を使う場所は「港湾の明暗部」であり、たいして遠投する必要もないので程よい飛距離が出れば問題なく、フックに関しては

予備を大量に買ってある

ということで、その場で折れる以外は特に問題なしという状態。

梅雨が進んでくると「エリア10 EVO」のほうが昨年は調子が良かったんですが、今年は今の所ノーマルの「エリア10」のほうが調子が良いです。

一応EVOも投げてるんですが、HITするのはノーマルですね。

カラーは「チャートバックパール」ばかりを使っているのでHITしたのは全部これです。

明暗にキャストしてあとはデッドスローで巻くだけという簡単な釣り方。

そう言えば「エリア10 FIX」というものが昨年発売されてると思うのですが、使ったことが無いですね。釣果もあまり聞かないのでマイナーなんでしょうか。もしくは2フックが避けられているんでしょうか?(エリア10は3フック)

機会があれば買ってみようと思います。

6月は梅雨なので釣行自体が減る可能性が大きい。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする