シーバスのボイルを攻略!出来ずに外道。フグだけじゃないよ。(2018/4/22)【2018年4月釣行】

釣り

 

最近、全くシーバスが釣れません。

居ないなら諦めも付くのですが、目の前でボイルしてるのに無反応という状況。

小さいルアーを通してもダメ、スライのような河川で効くルアーもダメ、アジングワームに極稀に反応する・・程度の状況。

しょうがないので昼間にチニングに行き、メタルバイブのリフト&フォールで狙うも

君か・・・

という状況です。

ちなみにジグパラブレードは7gが一番好きです。使いやすいのでオススメ。

 

 

懲りずにシーバスに戦いを挑む

ボイルする場所は既に分かっているので、暗くなるタイミングを見計らってポイント到着。

しばらくするとボイルが始まる。

こうなれば総力戦である。持ってきているルアーを基本通してみる。

 

・テトラワークス ユラメキ

・モアザン スライ95F × 3

・モアザン ガルバスリム ボラグロー

・アイマ アルデンテ95F

・邪道 スーサン

・アイマ サスケSF-75

・モアザン シャロール

・モアザン ソラリア70F

・モアザン ガルバ73S

・モアザン ミニエント57S

・エリア10

 

全て無反応である。

 

もはや諦めかけたその時、再び「テトラワークス ユラメキ」を通してみると・・

 

グググ・・ゴン!

 

来たーーーー!遂に来たーーーー!

頭を振るような抵抗が伝わり、ドラグを緩めて耐えて引きを楽しむ。

 

ここまでは小型であるもののシーバスであろうと思っていた。

 

しかし、、浮いてきた魚体が何かおかしい。

細い。

明らかに細い。

ライトを照らしていなくても分かる細さ。

太刀魚かよ・・・。しかもちょっと良型だし・・。

といっても指三〜四本サイズといったところ。

 

結局その後もボイルは続くものの、一切HITせず心折れて納竿。

昨年の実績を考えると、あと1ヶ月もすればエリア10で反応するはずなので、いつまでも反応しない奴を相手にするのは止めようと思います。ストレス溜まるし。

 

そう言えば

後から気付きましたが、そう言えばこのブログが1000記事目でした。

1000記事目が外道との戦いとはこのブログらしいですが、いつも見ていただいている方、ありがとうございます。

そろそろ宮崎らしい魚でも釣りたい所ですが、宮崎ってオオニベ(シーズン終わったばっかり)かアカメ(釣り禁)ですからね・・。

というわけで程々に続けていく所存です。

 

タイトルとURLをコピーしました