回遊しているうちに今日も青物釣りに行く@宮崎港(2016/8/15)

昨日ネリゴ/ショゴ(宮崎でいうカンパチの子)が珍しく宮崎港に回ってきていたのを釣り上げる事に成功しましたが、どうやら朝はサーフに回ってくるパターンのようなので今日も行ってきました。

AM5:30頃現地到着

既に先行者が4名。

が、丁度回遊する場所が空いていたのでそこで始める。

昨日は2回ヒットし、1回目はメタルバイブ、2回目はジグパラマイクロ スリム 15gでした。
メタルバイブはタングステンのもう売ってないやつです。
メタルバイブでのヒットはバラしてしまったので、今日は安定のジグパラマイクロ スリム 15g グローピンクで始めます。

ロッドは幸運を呼ぶメジャークラフト N-ONE スーパーライトショアジギング NSS-902SSJです。

という、昨日と全く同じで挑みます。

釣行開始

昨日は割と水面に背ビレが見えたりしたんですが、今日はまだ何もなく静か。
昨日の夕方、ヒラメでも来ないかなー、と思ってちゃんと底を取っていたらエイが掛かり、買ったばかりのジグパラを持っていかれるという悲劇が起きましたので、ほぼ底は取らず、表層をトゥイッチで誘うのがこの場所でのパターン。

まだうっすら暗いのでちょっと早かったようですが、気にせず

10投・・・
20投・・・

反応無し。

AM6:00を過ぎた頃から、少し水面に変化が出てきました。
魚が跳ねたり、何やら小魚を追っているような波紋が水面に現れ出しました。チャンスタイム到来。

下げ潮のタイミングでしたが、昨日よりまだ潮は引いておらず、足元の岩場がちょっと乗れる程度でしたが構わず乗り、そこから遠投。

何投かした後、ついに・・・

ガツっとアタリ。

浅いながらも底の方にガツガツ潜ろうとするこのアタリは紛れも無くカンパチ。
そして今日はメタルバイブではなく信頼のジグパラなので、まあバレる事はあるまい、とは思ったけれど、まだ岩場が完全に見えてない。

岩場にリーダーが擦れると切れる事は確実なので、とりあえずロッドを立てて割とゴリ巻き気味に、抵抗を見せた時はちょっと巻くのを止め、ドラグを鳴らしつつやり取りして弱らせ、少しづつ寄せる。

寄ってきたら岩に擦れないように一気に引き上げ、無事引き上げ成功。

nerigo3

昨日と全く同じくらいのサイズ。ただ青物はやっぱり引くので楽しい。

先行者の方々が「何釣れたの?」と寄ってくる。
どうやら全くノーバイトらしく、誰も釣れてないので今日はダメだと思っていたところ、とのこと。

と、周りの釣り人に希望を与えたものの・・・・その後は自分も一切のアタリ無し。

先行者の方々と軽く釣り談義をして、今日はもうダメっすねー、ということで皆さん終了に。

と、一応連日釣れてはいるのでちょっと考察。

他の人と何が違った?

先行者の方々のルアーなどは特に見せてもらってませんが、恐らく決定的な違いとしては

「ルアーのシルエットが小さい」

つまり、少し小さなベイトを追っているのでは、ということ。

昨日メタルバイブでもヒットしたので、必ずしも小さいほうが良いわけではないですが、違いとして大きなポイントはルアーの大きさではないかと。

ジグパラマイクロなので、ほかのルアーに比べると格段に小さいです。

次に

誘い方の違い

これをちょっと感じました。

昨日のメタルバイブのヒットでは、最初シーバスが掛かったのかと思ったんですけど、今思えばカンパチだったんだろうな、というのはその後釣れたからなんです。

ただシーバス狙ってた&根掛かり回避のためにかなりの高速巻きをしてたのです。

しかもハイギアなのでだいぶ速いです。

そして今日はジグパラマイクロで表層高速トゥイッチです。これは昨日も同じ釣り方。

とにかく朝方は表層に背びれが見えたりするのでとにかく表層。

じゃあトップ使えばいいじゃん、となるんですけど、バス用しか持っておらず、そしてちょっとやってみた時間が早すぎたのか、何も出ませんでした。。

表層を高速に引いてくるので、メタルジグが海面に飛び出さない程度に割と速く動かします。

多少飛び出てもまあご愛嬌。

これで両日共にヒット。青物なので速い動きのほうが反応良さそうです。

というパターンで連日釣れていますが、居なくなったら次はメッキ狙いになるんですけど、メッキは小さすぎて全然釣れない・・・。

また7gに戻してライトタックルで釣る、という釣行になりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする