ジャパンフィッシングショー2018行ってきた。その2。

ジャパンフィッシングショー2018に行ってきた、の続きです。

シマノの炎月プレミアム、グラップラー プレミアム

最近オフショア釣行の回数が減っていますが、、シマノから気になるリールが2つ出ていまして、その1つ目がこの「炎月プレミアム」

これは右ハンドルですが、僕は左ハンドル派なので買うとすれば左かな。

プレミアムになって何が変わったかというと、大きくは

・カウンターが付いた

・新機能フォールレバーが付いた

・レベルワインド連動

この3つが大きな特徴です。

はっきりと言うならば

「鯛ラバ用リール全部入り」

な感じです。

そしてこちらはグラップラー プレミアム。

こちらについては先に記事を公開しました。

こちらももはや「近海ライトジギング用としては全部入り」な感じのリールになってますね。

マイクロモジュールギア+カウンター+フォールレバー+レベルワインド連動

これ以上何が要るのでしょう・・

そしてダイワの紅牙 TW HYPER CUSTOM

この「オジサンには使いにくいカラーを大胆に採用」した「紅牙TW HYPER CUSTOM」

負荷を掛けずに巻いたので何ともですが、とにかくスムーズな巻き心地でした。

ただですね

僕には使う勇気はありません

オジサン用に渋いカラーだけで良かったと思います。

さすがに控え目な紅牙IC

全部あの派手なピンクだったらどうしようと思ったダイワ派の方、ご安心ください。

「RM」楽巻きコンセプトの紅牙ICというのもあり、こちらは控え目でカッコイイですね。

6月なのでだいぶまだ先の発売のようですが、カウンターあり、巻き心地良しでこっちでも全然良いんじゃない?という感じでしたよ。

急にスピニング「エクスセンスCI4+」

先程までの流れをすっかり無視して次に「エクスセンスCI4+」です。

この漆黒カラーは先に発売されている無印エクスセンス譲りなのですが、定価が38000円程度になっており、無印が62000円くらいするので、だいぶ控え目なお値段になっています。

何が違うのかを簡単に説明すると

・無印 → ベースがヴァンキッシュ

・CI4+ → ベースがストラディックCI4+

ということらしいです。ベース機の値段差がそのまま載ってるような感じですね。

正直申しますと、激流でランカーシーバス釣るとか、青物も来るようなところで釣るとかそういう事が無ければ、CI4+でも良さそうな気がしますが、剛性で判断でしょうね。

巻き心地は全然問題なかったです。

そしてまた急にアブガルシアへ

シマノに行ったかと思いきや次はアブ。

超軽量になった「MGXtreme」を触ってきました。

シマノが軽量リールを先行するところに、今年はダイワのみならずアブも超軽量なモノを出してきました。

とにかく釣り場で目立つ無骨穴あきデザインです。

個人的には、、、あまり好きな感じでは無いですね。

巻き心地は悪くは無かったですが、先にイグジストを回してしまうとちょっと差を感じます。値段差が思いっきりあるので比較するのもアレですが・・。

ウリは「慣性に流されずピタッと止まるローター」だと思います。試せるスペースがあって試したところ、確かにストップ&ゴーはピタッと決まるので、そこはなかなか使いやすさを感じました。

という、他にもいろいろと見てきたのですが、どうやら僕はリールが好きなようでリールの写真ばかり撮っていました・・・。

ロッドも多少触ってきたのでその3に続く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする