ショックリーダーって専用のものじゃないとダメなのか!?という疑問に対しての個人的見解

表題で内容の80%は書いてしまったんですけど、

ショックリーダーって専用のものじゃないとダメ?

という点に関して、個人的な見解を書いてみようと思います。

僕は専用品を使って「いません」

最近ずっとシーバス釣りをしてるわけで、「シーバス用のショックリーダー」も沢山売られているわけですけども、当然ながら「専用品」というのはその魚種でテストを実施されているので、良い悪いで言えば

当然良いに決まっている

わけなんです。

なんですけど、僕は専用品を使っておらず、これを使っています。

ダイヤフィッシングのジョイナーボスメント。

50Mで600円くらい?ですかね。

この商品「水中でラインが消える!」みたいな謳い文句なんですけど、水中で見たこと無いから当然分かりません。そんな事より「安い」のと「どこでも売ってる」「結構評価が高い」というのがメリットです。

いろいろなものを比べた結果行き着いた・・・という程でもありませんが、そこそこしなやかで扱いやすく、ちょっと岩と擦ったから切れる、という事もありません。さすがに2号とかだと切れますが、ライトゲームなら全然問題なし。

というわけで僕個人的には

・どっちかというと太さに拘ったほうが良い

と、思っています。食いが悪い時にリーダーの号数を落としたり、とかそういうアプローチのほうが良いんじゃないかなと。専用品は20Mくらいのものもあったりで、いざ根掛かりして結び直す時に

「長さが足りない・・・」

なんてことも起きますが、50Mだと当面起きません(笑)

というわけで、安くてもちゃんと使えるので、少しでも安く!という人にはオススメです。

追記:その後はこれに落ち着く

ジョイナーボスメントに不満があったとすれば、「FGノットを組む時にしなやかさが足らない」という点です。

この「しなやかさ」というのはFGノットを編み込む時に割と重要で、ラインが柔らかいほうが組みやすかったり、組んだ後がキレイになったりするので、重視しても良いポイントです。

ナイロンリーダーなどはしなやかで組みやすいですね。

ただナイロンリーダーは「吸水性があり劣化する」というデメリットがあり、毎回組み直すようなマメな人にはオススメですが、僕のように「面倒だからしばらく使う」という人には向いてない部分もあります。

実際に耐久性を実釣で調べてみましたが、5回ほど使ったところでルアーが彼方に吹っ飛びました・・・。

ということで行き着いたのがコチラ。

「シーガー プレミアムマックス」ですね。フロロカーボンとは思えないしなやかさが気に入っており、基本はこれの3〜5号を使うという事に落ち着きました。

30Mで1000円ほどするのでちょっと高価な部類に入りますが、ノットを組むのが苦手な人は一度試してみるのをオススメします。

結局専用品に落ち着いた、というオチです。すみません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする