今からライトジギング用リールを買うならこれだろうな・・と思わざるを得ない「グラップラー プレミアム」

今年はどうしてもステラに埋もれてしまいがちなシマノリールですけれども、個人的に

「もし今から買うならこれを選ぶ」

と思っているのがこの「グラップラープレミアム」です。

出典:シマノ

グラップラープレミアムの何がそんなに気に入ったのかというと

まずは毎度のごとく公式の説明文を引用。

ライトジギングのさらなる境地を求め、マイクロモジュールギアの滑らかな巻き上げ性能にフォール機能をプラスした革新リール。レベルワインド連動によるスムーズなライン放出に加え、新機構のフォールレバーでフォール速度を自在に調整。カウンターにはフォールと巻き上げの速度を表示し、クラッチを切った瞬間からアグレッシブなゲームを演出する。さらに冷間鍛造ロングハンドル&CI4+ラウンドノブで大物とのファイトにも対応。ジギングからライトテンヤタチウオまで幅広いシーンに対応する。

ぶっちゃけ言いますと、僕個人的には「ライトジギング」という釣りにおいては「マイクロモジュールギア」は不要だと思うんですよね。以前鯛ラバ用に炎月を買って巻き心地は確かに良いのですけど、そこまで繊細さは不要だなと。

では何なのですか、というと

フォールレバー

カウンター

が欲しいのですよ。この2つが特に気になるわけです。あっレベルワインド連動も地味に良さそうです。

ライトジギング以外に鯛ラバにも適している

この「フォールレバー」によってフォール速度を調整し、フォールで真鯛を誘えるというのが非常に魅力的。普段は親指のサミングで調節するわけですけど、どうしても一定にはならない、という点。

指ではどうしても強弱が付いてしまうので、一定速度でゆっくりフォール、というのはなかなか難しいものです。

それが機械化されている事で誰でも出来る上、「カウンター」がその速度をちゃんと数値化してくれるので、この2つのセットがもの凄く魅力的なわけですよね。

まあ、、、残念ながらソルティガ(ベイト)と炎月があるので今更買いませんけども・・。

見た目はソルティガやオシアジガーのほうがカッコイイと思うんですけど、「機能」という意味ではグラップラープレミアムは相当良い気がしますよ。

というわけで、これからライトジギング用や鯛ラバ用リール、出来れば兼用したい、なんていう人には最適なリールではないでしょうか。

フィッシングショーで触ってきた

そんなグラップラー プレミアムをフィッシングショー2018で触ってきました。

ちょっと分かりにくいですが、フォールレバーを締める事で簡易的なドラグとしても機能する(スプールに抵抗がかかる)ので、スピニングリールのレバーブレーキ程では無いにしろ、使い方によってはテクニカルな使い方が出来るのでは?という印象です。

この機能によってますます奥が深くなりそうな機構ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする