超軽量のTICTのランディングシャフト「Record Catcher(レコードキャッチャー)」

シーバスやってると必要になるのが、いわゆる「ランディングネット」なわけですけど、それなりの長さになってくるとですね

非常に重い

のです。

僕はちょっと投げて移動・・というランガンスタイルが好きなのですけど、歩いているとタモが邪魔かつ重いわけです。

というところに登場したのがTICT(ティクト)のランディングシャフト、「レコードキャッチャー」です。

出典;TICT

グリーンカモ、グレーカモ、アースカモというように、長さで色が違うのも良いですね。

レコードキャッチャーの仕様

TICT初のランディングシャフト”レコードキャッチャー”。
高弾性カーボンの採用で、携帯に苦にならない軽量ウェイト、たわみの少ないシャキッとしたシャフトを実現。 一節目は夜でも見やすいホワイトカラーで、400には30cm、500・600には40cmまで計測できる簡易メジャーをプリント。
4m、5m、6mというライトゲームにおけるフィールドシチュエーションをほぼ網羅するラインナップで、カモフラ柄が、 スタイリッシュに持てるカジュアルさも新しい!
ネオプレーンショルダーストラップを標準装備。

TICTなのでいわゆるアジングとかのライトゲームが主に想定されて作られているわけですけど、

400には30cm、500・600には40cmまで計測できる簡易メジャーをプリント。

こういうの良いですね!

いちいちメジャー取り出す程でもないけど、ざっくり大きさが知りたいという時に便利です。

長さなどの仕様はこちら。

400〜600までありますので、足場に合わせて使いたいサイズを選ぶことになります。

500くらいが標準的かもしれませんね。

僕は足場の高いところでタモを使う機会が少ないので、400が軽くて良いとは思いますが、大は小を兼ねると言いますか、足場の高いところで釣りをすることが多い人は長いほうがどちらでも使えますので、選ぶ時は慎重に。

・400サイズ

・500サイズ

ちなみに

もっと短くて軽いものを・・・!ということであれば、ダイワの「月下美人 ランディングポール」が3Mまでしかありませんけど、285g程度なので軽いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする