ジグパラシリーズのフック交換に純正のメジャークラフト「ジグパラ トレブルフック」フックは重要!

今や完全に「定番」となっているメジャークラフトの「ジグパラ」シリーズですけど、ショアジギングはボトムを取るのが基本ですので、「根掛かり」「不意の大物が掛かった」「ルアーを洗うのを忘れた」などの理由で曲がったり錆びたりと劣化するものです。

最近バラしが多い・・という人は、フックに原因がある事が結構多いです。

ダメな例

丁度手元にあったのですが、こういうのダメです(笑)

錆びていて刺さりが悪い、根掛かりによってゲイブが開きすぎている、という状態。

ゲイブが開いているのは「ペンチなどで戻せば良いのでは?」というところなのですが、多少はそれでも何とかなるものの、角度や開き具合は魚を掛ける事においては、結構重要な要素なので、大きく曲がってしまったものは交換したほうが良いです。

一見トラブルが無さそうでも、何回か魚を掛けてしまうと、魚の脂によって刺さりが悪い、という事が頻繁に起きますので、よくあるチェック方法が「爪を引っ掻いてみて引っ掛かるか」という方法です。

これが引っかからない場合は、最低限研ぐなどの対応が必要です。

フックシャープナーが便利ですね。

そこで純正トレブルフック

メジャークラフトから純正のトレブルフックが発売になりました。

ジグパラ純正のフックは「弱い」ということで交換する人も居ると思いますが、僕は「適度で良いのでは」と思っている派です。

というのもあまりに強すぎても根掛かりが外れにくくなる、という事で、ほどほどで曲がる方が使い勝手が良いと思っています。

ただ「大物が来る」エリアでの釣りだったら、より頑丈なもののほうが良いかもしれませんね。

先程の写真ではフックが錆びてますが、あれは僕の管理が悪かったからで、普段はそんなに錆びないです。

重要なのはサイズ

メタルジグとは言え、ちゃんとバランスがあるので、例えばジグパラマイクロに4号のフックとかは大きすぎてライン絡みの原因にもなります。(当然テストは適合サイズのフックでやってるはずなんで)

というわけで各サイズがあるようなので軽く分類。「#6」であれば6号、「#8」であれば8号で、号数が大きくなるとフックが小さくなります。

・ジグパラマイクロ(15g)

適合サイズはおおよそ8号のようです。

・ジグパラ(20g)、ジグパラ ブレード75mm、100mm

おおよそ6号サイズ。

・ジグパラ(30〜60g)、ジグパラ ブレード 130、140mm

こちらは4号サイズ。

せっかく掛けた魚が穫れない、というのも何とももったいないので、フックのチェックと交換は是非実施してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする