仕事終わりの短時間シーバス釣行。シーバス以外にもフラットフィッシュが掛かる(2017/10/4)

明日から雨・・・ということで生粋のシーバスアングラーの皆様は釣りに行くのかもしれませんが、

濡れるの嫌

という僕のような駄目アングラーは雨が降る前に釣りに行くわけです。

てなわけで短時間ではありますが釣行してきました。

ボイル無しの河川

数週間前の台風以降、全然シーバスがボイルしなくなりました・・。

そして困ったことに「サイズが出ない」という問題が起きています。

釣れども釣れどもチーバス・・・。

かといって120mm以上のミノーとかは食ってこない。

という状況の時の鉄板ルアーはこちらなのです。

この「シルバーヘッド/ピンクバック」カラーが今良く釣れます。

早速実釣

とはいえまずはミニエントで・・・

無反応。

最近ミニエントの調子が良くない。

というわけでバイブレーションジグヘッドに変更して数投・・・。

モゾモゾ・・

というようなルアーに何かが絡んだような違和感のあるアタリ。ですがフックには掛からず。

ちょっと場所移動して橋脚の明暗部にキャスト。

根掛かりしないように着水と同時にベールを返し、ロッドを立てながら少し巻いてフォールすると、、、、

ゴン!

最近の僕の課題は「フッキング」なので鬼アワセ!

ロッドを大きく煽る。ガッチリ掛かったようであとは引きを楽しみながら寄せて・・・

あれ?エラ洗いしない・・。

という疑問が頭をよぎる。魚は確実に付いているが、割と簡単に寄ってくる。

暗くてよく見えないのですが、とりあえずネットイン。

マゴチか・・・。何だよ・・・。

シーバスよりマゴチは美味しい魚ではありますが、あまり綺麗な川では無いのでリリース。

ここから30分ほど、たまにワームに何かが触れるが、掛からず。

ここで腹痛が始まる。

腹痛いしそろそろ帰ろう・・・と思った矢先に

ゴン!

今度はシーバス!今回もフッキングを確実に決めるために大きくロッドを煽ってガッチリフッキングを決める!

フッキングは決まったようだが、、サイズはあまり大きくなさそうなのがこの時点で分かる。

浮かせてネットイン。

うーん、まあ35cmといったところか・・。ヒラスズキですねこれ。

ここで腹痛が限界を迎えたのでさっさと帰宅しました。ざっと1時間半くらいの釣行。

バイブレーションジグヘッドでの釣り方

僕のやり方は簡単です。

キャスト→糸フケを取って着底→着底後すぐにゆっくり5〜10回巻く→また着底させる

この繰り返しです。

根掛かりする場所の場合、「着底後すぐに巻き上げる」事が重要です。

これだけで「ゴン!」とシーバスがヒットします。

なぜか僕のエリアでは、港湾部であまり釣れません・・・。

とりあえずシャローエリア(河川)では無双レベルのアタリの多さです。

今日のタックル

・ヤマガブランクス ブルーカレント 85/TZ NANO ALL-RANGE

最近使ってなかったブルカレをまた使いだした。

アジングロッドでもないのに「80g」の超軽量ロッドなのですが、パワーはそれなりにありまして、曲げた後の戻りが非常にシャープな感じ、且つ速く戻ります。

なのでミニエントをダートさせる釣りには向いてますね。
軽くて疲れません。

・セオリー 2510PE-H

190gの軽量リール。ブルーカレントと合わせても270gなので非常に軽いタックルになり、疲れない上に軽量さから感度が増しますので、なかなかこの組み合わせを気に入ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする