APIA「ゴールドワン」が秋冬ライトゲームの汎用ルアーになる?

金丸竜児氏監修の新ルアー「ゴールドワン」がついに発売となりました。

http://www.apiajapan.com/product/lure/gold-one/

APIAのサイトの紹介文を見ると

今までにない新ジャンルのルアー「ゴールドワン」が満を持して登場。
タダ巻きで「ウォブリング」、ジャークで「ダート」を奏でられるこのルアーがこれまでの常識を一掃。キャストしてからピックアップまでの間に両アクションをMIXすることが可能となっている。ということは、アングラーのさじ加減一つで、スレたターゲットでも思わず口を使わせてしまうアクションを演じることができるということだ。
もちろん、ナチュラルなアクション、あるいは、リアクションといった具合にターゲットが綺麗にパターンにハマっている際は、そのアクションのみに特化することも可能。
ゴールドワンが秘めているその「威力」・「驚愕」・「感動」を是非とも手中に納めて頂きたい。

と、いうちょっと抽象的な書き方がされていますが、要は

・ウォブリング
・ダート

を1つのルアーで行える、というルアーなわけです。

通常、この2つの動きを出すには「ルアーを交換する」という方法が必要ですが、1つのルアーで出来れば、ルアーを交換せずに「魚を口に使わせる」という事が可能になってきます。

金丸氏の紹介文にも

私は釣りにおける自身の欠点を熟知している。それは、面倒くさがりであるところだ。
具体的に、例えば、ノンアクションのルアーを使用している際、そこにターゲットがいるにも関わらず口を使ってくれない、このとき、頭の中では「リアクションのルアーに変えるとひょっとしたら口を使ってくれるかも知れない」といった具合にある攻略パターンがよぎるのだが、ルアーを付け替えるのが面倒くさいし、何よりもその時間が勿体ないと自分に言い聞かせ、その突破口を試さないことが少なからず存在するのだ。
無論、そのシチュエーション下から、ルアーを変えた方が確実に何かしらのプラスになると判断した場合には、手間などを惜しむことなくルアーチェンジを行うが、要は自分自身の中で、それを試しても可能性として釣れるということに過半数を満たない場合には試さないでやり切ってしまうのである。(以下は公式ページで)

これ、僕は割とルアーを交換する方な気がしますが、それでも凄く良く分かります。

メタルジグ→メタルバイブ→その他→ワーム→メタルジグ(以後変えない)

というのが多いのですが、面倒な時はメタルバイブからまたメタルジグに戻し、そのまま変えない事も・・・

と、いうことになるので、この「ゴールドワン」は1つで両方の釣りを実践出来るので、この秋注目のルアーですよね。

アピア(APIA) GOLD ONE(ゴールドワン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする