世の中にはいろんなルアーがあるもんですね・・チヌ用落とし込みワーム「イガイバリュー」

漁港だろうが河口だろうがドブ川であろうが、意外とどこでも居る魚である「チヌ」

ルアーにも反応の良い魚なので、先日SSRクランクで釣る動画を紹介しましたが、今回は「落とし込み」で釣る動画を紹介。

非常に参考になる「ふくまる大将釣り動画」

チヌのヘチ釣りと言えばこの動画。「ふくまる大将釣り動画」です。

コチラをほぼ欠かさずチェックしてるんですが、動画で紹介されたのが

イガイバリュー

という、イガイの形をしたワームです。

これを使って爆釣してる動画ですね。

イガイってどんな貝かといいますと

参考:Wikipedia

こんなやつです。防波堤とかに大量にくっついてる奴ですね。

これは防波堤にくっついてるやつとは違いますけど、形は同じで真っ黒な貝です。

チヌは歯が鋭い&力が強いので、貝などは砕いて食べてしまいます。

さらにエビ・カニ・小魚・・・ならまだしも、コーンスイカミカンでも釣れる雑食の魚であることは有名ですね。スイカとかで釣ればエサ取りが来ないので、狙ってチヌを釣ることが出来ますので、その昔流行った釣り方かと思います。

これまでの落とし込み釣りでは、防波堤にあるイガイを現地調達して釣るのが主流でしたが、先の動画の通り、「イガイ型」のワームがありまして、それでもチヌは釣れるそうです。

というイガイ型ルアー「イガイバリュー」

動画で紹介されてたのが、これの「L」サイズ。

他にもこんなルアーもあります。

一般的なワームはカーリーテールやらピンテールやら、アクションで魚を誘うルアーが多い中、

タダの貝

という形のルアーでチヌが釣れるというのが面白いですね。まさにマッチザベイト。

専用タックルが使いやすいとは思いますが、まあヘチ釣りは極端に長いロッドとかじゃなければ普通に出来ますので、狙ってみるのも面白そうですよ。

いやいや生エサじゃないと!という方へ

現地調達用の便利グッズがありますよ。

イガイ取り器。直球ですね。

当然ながらワームよりちゃんとしたイガイのほうが釣れると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする