まさかの16バイオマスターSWが出る?8月発売(確定情報)

<8/1 追記あり!>

先日から「16バイオマスターSW」の話題が世間でちらほら。

Google先生に聞いてもそれっぽい情報はありませんでした。

ただ、どうやら楽天で検索すると、既に予約を受付けているショップがあるみたいです。

もう7月ですよ?8月発売って来月じゃないですか!
これがシマノの16年の隠し玉なのか・・・!

詳細スペックはまだ分かりませんが、フィッシングショーにも出展されていなかった、まさかバイオマスターSWの新型が来るとは、驚きです。

値段も23517円(7/2現在)とあるので、ツインパSWの半額くらいです。

私はツインパSW、ツインパの2つがあるのでわざわざバイオマスターSWはPGモデルがあればちょっと考える、くらいで買う必要はそんなに無いんですけど、ストラディックになってバイオマスターの名称ごと廃盤なのかな?と思っていたので、残るのはやはりファンが多いんでしょうね。

最近リールが専らシマノですが、デザインは僕ダイワのほうが好きなので、どんなデザインで出てくるのか楽しみです。

ただ、よくよく見ると「6000XG」とあります。

現行バイオマスターには6000XGという型番はありません。

よって、単に番手追加のみ、という可能性も高いです。
ってことはまだしばらくバイオマスターSWはこのまま売り続ける感じなんですかね?

とりあえずシマノの発表待ち・・・・。

<7/31追記>

6000HG、6000XG、6000PGの予約を受け付けているショップが増えてますね。
6000番台が無かったので追加モデルっぽいですね。8月末頃入荷と書いてるショップがあるので、8月末発売のようです。
まだシマノのサイトには載ってないみたいです。

<8/1 追記>

シマノ公式で発表がありました。

6000番の追加ではありますが、これまでのバイオマスターSWとは違う機構もあり、そのまま番手追加だけ、というわけではないです!

バイオマスターSW[BIOMASTER SW] |スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

幅広い人気を誇るバイオマスターSWに待望の6000番が登場。HAGANEコンセプトによる武装とX-SHIPの滑らかで力強いリーリングはそのままに、X-シールド、X-プロテクトを搭載、ボディ部の防水性能はIPX8相当を実現した。バイオマスターSWがまた一つ、オフショアゲームの扉を開く。

「x-シールド」「x-プロテクト」という、ツインパワーSW等に使われている機構が、バイオマスターSWにも搭載です。

X-シールド

ボディ・フタ合わせ面、スプール・ドラグノブ接触部など随所に強力なシーリングを施し、水の浸入をシャットアウト。過酷なSWシーンで高い耐久性を発揮します。X-PROTECTを組み合わせることで、ボディ部の防水性能は防水規格IPX8相当の強力なものとなります。

元々シマノのSWモデルは防水性能に優れていますが、IPX8相当の強力な防水になりますので、オフショア釣行でも安心。

X-プロテクト

ローラークラッチ部には接触型トリプルリップ構造を採用。特殊グリスを充填することで摩擦抵抗を抑え、シルキーな回転性能を損なうことなく高い防水性能を実現しました。X-SHIELDを組み合わせることで、ボディ部の防水性能は防水規格IPX8相当の強力なものとなります。

シマノの目指す「永遠に変わらない巻き心地」を実現する、X-プロテクト。X-シールドと組み合わせる事で、防水性能が増し、その結果潮ガミなどが激減、巻き心地が変わらないという性能になっています。

これら上位機のツインパワーSWの機構を備える事で、とにかくコストパフォーマンスが高いリールになりました。

ツインパSWの半額近いですしね・・。

これから中型青物までのジギングには、バイオマスターが引き続きスタンダードになるのでは無いかと・・・!
どうせなら「16」モデルとして刷新して欲しかったですけどね。

タイトルとURLをコピーしました