先日買ったルアーでシーバス釣行。釣れたのは定番のあのルアー(2017/6/11)

東京出張で当日に帰れなかったので、釣具屋巡りをした結果、以下ルアーを買ってきました。

・モアザン スイッチヒッター 65S

・モアザン テイルスラップ

・エリア10 EVO

・エリア10

・サスケ SF-75

帰ってきた当日も行きましたがボウズでしたので、翌日がまさかの雨のち晴れとなりまして、ちょっと行ってきましたよ。

場所はいつもの宮崎港

昼寝をしていたら夕方・・・というよくある失敗ですが夕マズメには間に合いそうなので出撃。シーバスが釣れるのは常夜灯が効いてからなので、まずはメタルジグを投げ倒します。

が、何ら反応ありません。

少しだけ濁りがあるからか全く反応無し。メタルジグで魚が釣れるのはいつになるのか・・

という、メタルジグ投げ倒してやるつもりだったので、今日のロッドはN-ONE NSS-902SSJ。

当然ながらシーバスロッドではありませんが、このSSJモデル自体が

エギングロッド+シーバスロッド

のような調子で、ティップは柔らかくそこそこ張りがあり、ジグを投げやすいようにグリップが長めというロッドですので、シーバス釣りにも全然使えます。

中型青物くらいになるとキツイですが、ランカーまで行かないシーバスなら全然余裕です。

リールは堅牢性+巻き心地重視で16セルテートをチョイス。

そして夜

暗くなり常夜灯が効き出しますが、今回狙っている場所は21:00までしか入れませんので、日の長い今は1時間程度の勝負になります。

周りの釣り人は全員帰ってしまい、明暗投げ放題の時間がやってきました。

という状況でチョイスしたルアーは、買ってきた「エリア10 EVO」。

泳がないと聞いてたので、一番後ろのフックを6号に変えてバランス変更済みです。

買ったカラーは「パールレッドヘッド」シーバスでは定番のカラーですね。

早速これで横にキャストして明暗部を引いてくると・・・

バシュッ

といきなり水面が割れますが、残念ながら乗らず。
そこから明暗部で引けるのは150メートルくらいの間だけなので、投げては移動、投げては移動を繰り返して、遂には防波堤の先端に。
しょうがないのでまた戻りつつ投げる。投げる。を繰り返していてふと時計を見ると、20:50。
あと10分しか無い!という状況で、しょうがないので元来た場所であと2投くらいするかな・・・と思ったら

目の前でバイト!

やべえ。。。時間ないのに。。。という状況でしたがもうしょうがないので少しドラグを緩めて耐え、、、と思ったけどそんなに大きくは無さそう。

先日の失敗を繰り返さぬよう(タモ持ってこなかったというしょうもない失敗)、今回はタモがあるのと、反省してPEを0.6号から0.8号に強化してありましたので全然余裕な感じです。

というわけで無事ランディング成功。

45cmくらい?
ぶっこ抜けそうでしたが止めときました(笑)

というところでタイムアップ。場所移動しましたがそっちはノーバイトでした。

エリア10 EVOはフック交換がオススメ

今回フックサイズを替えてみたら、夜なのであまりよく見えませんでしたが

ちゃんと泳ぐじゃん

という感じでした。実際にシーバスも2回出ましたので、ノーマルのエリア10同様に

なぜかシーバスを寄せる

というルアーになってますね。ほんとエリア10安いのによく釣れるなぁ。

ちなみに8号くらいのが最初から付いているので6号に変えました。

EVOについては、この後ろのフック交換チューンオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする