攻めるメジャクラ。次はジグパラ スローに10gと15gを追加!

僕の釣りはメタルジグ無しでは語れぬ程にメタルジグが重要。

その中でもメインのジグは「ジグパラマイクロ ノーマル/スリム 15g」だったりします。

この15gというのが絶妙に使いやすく、よく飛ぶ上に軽いので投げ続けても疲れず、さらにシルエットが小さいのでいろいろな魚が釣れるという、とてもお手軽なルアーなのです。

アクションもそんなにスキルは要りませんし(おかげであんまり上達しないけど)、何色かカラーを揃えておけば、シーズンにもよりますけどボウズにはなりにくいです。

というジグパラなんですが、先に出ていた「ジグパラ スロー」に新しく「10g」「15g」がリリースされました。

いわゆる「ショアスロー」用のジグではあるのですが、そんなに難しく考える必要もなく、

・しっかりボトムを取る

・ゆっくりと2〜3シャクリを入れて、フォールでアタリを取る

というような釣り方です。

釣り方

良く分からない場合は、やはりヒロセマンの動画を見るのが分かりやすいです。

というかこの動画、ショアスロー抜きでクソ面白いんですけどね(笑)

動画内では、N-ONEのショアラバー/ショアスローモデルを使ってますけど、繊細なティップがあり、バットパワーがそこそこあるようなロッドが向いていると思います。

動画でも「2回ゆっくりシャクって、フォール」というのを繰り返してるのがほとんどなので、誰でも出来ますね。

個人的には・・・ショアスロー専用ロッドを買うより、先に「スーパーライトショアジギング」用ロッドを買ったほうが楽しめるのではないかなと思っています。

ショアスロー用ジグの特徴

いわゆる「平べったい」ジグになります。

フォールでヒラヒラとアピールするためにゆっくり落ちるようになってますね。

根掛かり回避のためにトレブルフックではなく、シングルフックになってるものがほとんどです。普通のメタルジグでは、根掛かりの多い場所ではリアのトレブルフックを外す事が多いですが、スロージギング用のジグはバランスが大事なのでフックを外さず、出来るだけシングルフックでバランスを取りつつ根掛かりを回避・・という感じですかね。

ジグパラなんで値段も安いです。

タックルボックスに1〜2個あるとボウズ逃れに良さそうですね。

他社のジグ

ちなみに、1年ほど前から、アングラーズリパブリックのスローブラットというジグにも10g、15gのものがあります。
特に「オーバル」というタイプは軽い金属を使っていて、「よりスローに落ちる」という特徴があります。

実際持ってみると大きさの割に軽く、確かにフォール速度はかなり落とした感じで落ちますね。

こちらもフォール主体の釣りでは使えるジグです。
僕も2個ほど所有してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする