マイクロモジュールギア搭載の「16炎月 101PG」到着。インプレ。

シマノ

 

先日、ついついポチってしまい、我ながらお金の使い方が酷いと思いましたが、ま、ポチってしまったものはしょうがありませんので、届いた「16炎月 101PG」の感想を書きますよ。

 

2016-07-14 23.37.35

まあ、さすがに箱はただの箱である。いつものシマノの箱。

 

箱の中身

2016-07-14 23.38.25

思わず中古品かと思ったくらい、中がシンプル。

リール、説明書、ハンドルノブを外すレンチ、である。リール袋は昨今のコストカットのせいなのか、付属していません。

リール本体

2016-07-14 23.39.47

鯛ラバ専用、の文字。そして・・・

2016-07-14 23.39.58

マイクロモジュールギア来た!!!

驚愕の巻き心地!!と書いてありますが

回してみた

丁度、ほぼ新品に近い釣具のポイントのオリジナル、ギガソルトHGが横にあったんですよね。

ほぼ新品なので巻きもスムーズ。

別にマイクロモジュールギアっていらなくない??と思っていた時期が僕にもありました。

 

というわけでちょっと巻いてみると・・・

 

ヤバい

これはヤバい

 

この驚愕の巻き心地というキャッチフレーズの意味が分かった。

とにかく、このマイクロモジュールギアの精密なギアの噛み合わせが、本当に滑らかな巻き心地を生み出している。ギガソルトも普通に巻いたら本当にスムーズなんですが、微かにノイズと申しましょうか、ギアの噛み合わせによるものなのかは分かりませんが、炎月を巻いた後では少し、ほんの少しの違和感がある。

正直言えば16炎月はギガソルトに比べて値段が3倍なので、ギガソルトはよく頑張っているとも言えます。

とにかく滑らかな巻き心地。

滑らかである故、潮の流れや着底、かすかなバイトがこのギアを伝わってくる感じがする。

 

まだ、実釣してませんけどね

 

と、ベタ褒めするだけでもフェアじゃないので恒例のメリット・デメリットを記載してみます。

 

メリット

・軽い(210g)

・驚愕の巻き心地

 

デメリット

・ちょっとボディがチャチい

・マイクロモジュールギア以外とにかく普通。物凄く普通。

・ドラグ弱くない?(Max4.5kg)

・付属品簡素すぎ

 

と、いうちょっとデメリットを多めに書きましたが、とにかくこの値段で最新のマイクロモジュールギアが搭載されているリールは他にはありませんので、このギアが生み出す鯛ラバの世界が、これまでと如何に違うのかという点と、実はロッドはダイワの紅牙なんですけど、とかいろいろ気になるところはありますけど、最高峰の巻き心地の鯛ラバリールであることは疑いの余地は無いので、こいつをメインに鯛ラバを今後やっていこうと思っています。

・左巻きの方

・右巻きの方

タイトルとURLをコピーしました