初心者に程よいリールを選定。決めたのはシマノの17◯◯◯

同僚が何やら釣り業界?(どっちかというとITが正解ですが)に転職するそうなのですが、持っている道具が「2000円の防波堤セット」らしく、我が社のメンツが立たないので、餞別に要らないロッドをあげ、さらにリールを買ってあげることにした。

尚、我が社は別に釣り関係では全くありませんので、別に釣りが出来なくても何ら問題ありません。転職先の社長さんを知ってるので、とりあえず我が社の卒業生が2000円の防波堤セットでは恥ずかしいからです。

とりあえず私はロッドを20本ほど所有しており、当然のごとく20本使うわけもないので、要らないロッドをあげることにした。

といっても、ちと古いけど割と良いものです。

そのロッドとは

メジャークラフト PEエボリューション PE-782LL

です。5~20gのルアーが扱えて、自重が今となっては少し重いですが124gほどのシーバスロッドです。
シーバスロッドですが、「LL」とあるように柔らかめのロッドなので、そこそこいろんな釣りには使えるのと、7フィート8インチというレングスなので、取り回しも良く、初心者には丁度よいのではないかというわけです。

と、ロッドをあげるのは良いが、リールが2000円のセットのリールではちょっと厳しい事この上ないのですが、さすがにあげられるリールが無い。

このロッドであれば2000~2500番くらいのものが良いのでしょうけど、2500番となると14カルディアと16セルテートという、まさに私の陸っぱりメインリールしか無いので、さすがにこれは厳しい。

丁度今年2017年というと、シマノから1万円以下のリールに「HAGANEギア搭載」という、初心者向けリールの剛性超アップという丁度良い製品がリリースされたので、とりあえずこの中から選定してみた。

今回の候補

・16ナスキー

・17サハラ

・17セドナ

この3つである。

が、「17セドナ」はまだ売ってないので、必然的に16ナスキーか17サハラとなる。

そして、単純に値段から言うと17サハラが安い。6000円台。

「確定」

性能もクソも無く、値段で確定である。

17サハラの仕様を振り返る

値段で決めといて何ですけど、17サハラの仕様を振り返ってみましょう。

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/4647

今回は2500HGSにしてみた。何故ならシャロースプールのほうが説明が楽だから。

0.8号のPEの150Mを買って、「釣具のポイント/かめや釣具で巻いてもらってください」

この指示でOKだからである。

さて仕様ですが、6000円台のリールとは思えない進化ぶりだったりします。

・HAGANEギア

・X-SHIP

・G-FREE BODY

・AR-C スプール

・海水OK

というのがシマノ公式の仕様で、ナスキーとの違いは「コアプロテクト」の有無が大きい。

あんまり僕はコアプロテクトは信用してないので、「釣りから帰ったら洗いなさい」これでOK。そう考えるとサハラでも十分な性能である。はず。

とにかくHAGANEギアさえあれば、まあちょっとした大物が掛かっても数回くらいは大丈夫であろう、と勝手に思っているのですけど、上位モデルのHAGANEギアとはやっぱり違いますので、実際の所どうなんでしょうね。分かりませんね。

というわけでサハラを買ってやったのですが、1回僕が実釣してから渡してやろうかという衝動に駆られていますけど、せっかくなので新品で渡そうと思います。太っ腹。

なんかこう見るとカッコいい気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする