先日衝動買いしたメジャークラフト N-ONE NSS-942SSJで初めての実釣(2016/12/10)

先日衝動買いしたメジャークラフト N-ONE NSS-942SSJで初めての実釣(2016/12/10)

先日、NSS-902SSJを持っているにも関わらず、そしてスカイロード SKR-1002LSJを持っているにも関わらず、N-ONEのNSS-942SSJを買ってしまったわけですが、初めての釣行に行ってまいりました。

NSS-902SSJとの比較はこちら

場所はいつもの宮崎港のいつもの場所でサゴシ狙いです。

冬になってくると、水面をサゴシが跳ねるという様子が見られます。
案の定サゴシがところどころで跳ねています。

が、個人的には「跳ねてるサゴシは釣れない」という気がしています。まあ、居るのであればいつか沈んだら掛かるので別にいいんですけどね・・・。

というわけで、いつものジグパラマイクロ スリム 15g グローピンクをセット。

Amazonでチェック

楽天市場でチェック

Yahooショッピングでチェック

というところで本当は新別府川河口ポイントに入りたかったのですが、余裕かましていたら、案の定空いておらず、しょうがないので空いているポイントで始めます。

投げてみた感想

結構、NSS-902SSJとははっきり違います。固さがやはり固い。といってもMクラスのシーバスロッドよりは柔らかいです。

そして違いはグリップの長さ。15〜20g程度のジグが投げやすい設計のNSS-902SSJに比べてグリップが長く取られており、LSJモデルのような脇に挟む持ち方が主になります。

少し重いジグを扱えるようになっているための配慮ですね。

ただ固いといっても、扱えるジグの下限のジグパラマイクロ 15gの着底はちゃんと分かります。

飛距離はやはりNSS-942SSJのほうが出そうな気がします。

まあ、あまり重いジグを0.6号PEでフルキャストしてガイドに絡んだりしたら一発で切れる恐れがあるので、結局15gしか投げませんでしたけどね・・。

この後やってしまいますが・・。

 

使い勝手

ロッドは当然長くなると使い勝手は悪くなるので(慣れの問題もありますが)、これは902SSJのほうが使いやすいです。

ただやはり重いジグが扱えるモデルなので、安心感はこちらのほうが上ですね。

のでキャストした時の安定度はこちらが勝っており、ライトショアジギング以外にちょい投げその他で使うのはこちらのほうが使いやすそうです。

NSS-902SSJは、はっきり言えば15g前後のジグ「以外」は使いにくい部分があります。

ちょっとある意味尖ったロッドです。

その点こちらはそんな感じはしませんので、三代目クロステージに942SSJしかないのも、そういう理由かもしれません。

というわけで実釣

結論を書くと

釣れませんでした・・・。

隣のおっちゃんがエサ釣りでサゴシを上げていましたが、全く掛からず、そして根掛かり&ガイド絡みでリーダー結束部が切れ、ジグパラマイクロを2個失うという結果に・・・(苦笑)

当日リベンジ

なんとなく投げた感触は掴んだのですが、夕マズメ釣行はNSS-902SSJで挑みます(笑)

リールも洗ってから乾いて無かったので、予備の14カルディア2508Hを使用。

こんな事もあろうかと、ジグパラマイクロは予備を持っていますので再びジグパラマイクロスリム 15g グローピンクで始めます。

最近は日が沈むのが17時過ぎなので、15時ごろ到着。人はだいぶ減りましたが、若干風が出てきています。少し風があったほうが魚の活性は上がるはず。

というわけで20投ほどしたところで、フォール中に違和感が。

ピクピクっと穂先が揺れ、魚が触ったかな?という感じあり。

触っただけか・・・?というような小さな違和感だったので、そのままフォールさせ・・・落ちないぞ?と。これは掛かってるかも、ということで合わせてみると、ヒットしてた!

掛かった!と思った後に、リールが楽々巻ける、この岸に向かって泳いでくる奴は・・

サゴシ!本命ヒット!

と、いってもそんなに大きくなく、50cmくらいだったのでサクっと寄せてきてぶっこ抜き。

ジグパラマイクロを丸呑みです。

合わせるのが遅かったからですが・・・。それにしてもリーダー切られなくて良かった。。

サゴシは釣ってしまうと大流血でもはやリリースしてもお亡くなりになると思われるので、塩焼きにでもして頂くことにします。

この後は全くアタリも無く終了。

 

というわけで

NSS-942SSJの入魂はおあずけですが、これからライトショアジギングを始めようとしているのであれば、LSJモデルよりもこちらのほうが個人的にはオススメです。

防波堤からカンパチ釣れるとか、そういう恵まれた場所で釣りをする事が多くない場合は、そんなに極端な大物や、根がキツイ場所でなければSSJモデルでも大丈夫だと思います。

902SSJは少し慣れた人が使ったほうが良いかもしれません。

使い勝手、という面より、「使えるジグの重さが狭い」という気がするからです。

カタログスペックよりだいぶ狭くした、「13g〜21g」程度が使いやすいと思います。

それ以外は「投げられる」けれど使いにくい面が大きいです。

初心者だと何を買えばよいのか、とか、いろいろなルアーを試したいという部分もあると思うので、そういう時は942SSJのほうがオススメです。

 

クロステージもSSJモデルが店頭に並んでますので、予算と相談の上で。

・三代目クロステージ CRX-942SSJ

Yahooショッピングでチェック

楽天市場でチェック

楽天市場でチェック

Amazonでチェック

Yahooショッピングでチェック

メジャークラフトカテゴリの最新記事