【2022年版】ショアジギング用のパックロッドを物色してみた

ショアジギング

やろう、やろうと思っていてやってない釣りがありまして

宮崎で大物釣り、というと、殆どの人が「オオニベ」を思い浮かべると思うのですが、オオニベ釣りは夢がありますが、とにかく混むのと朝早いんですよ。釣りなのに朝早いのが嫌だと言ってる時点で私はオオニベ釣りには向いてないわけですが。

じゃあ他に何が、という話なのですが、私がやろうと思って全然やってない釣り、それが「デカエバ釣り」なのです。

秋口のメッキ釣りなら毎年やるわけですが、残念ながら宮崎市近郊ではそれほど大物は回ってこないので南の方に行く必要があるんですけど、せっかくなので60UPくらいの大物を釣ってみたいわけですね。

となるとショアジギング・プラッギング用ロッドなどが必要なのですが、私基本的に移動がバイクなので、長いロッドはちょっと邪魔なのです。

という事で毎年やるやる詐欺状態ではあるんですが、ちょっと物色してみたのでご紹介です。基本的に9ft以上しか探しておりません。

 

候補1 シマノ コルトスナイパーXR MB

まずは2022年4月発売予定のコルトスナイパーXR MBシリーズから。

良いなと思っているのがこの中でも「S100MH-5」ですね。さすがにHクラスの固さまでは・・と思ってるんですが、エバは超パワーなのでMHで問題ないのかは知りません(笑)

 

特徴として良いところとして

 

・スクリューロックジョイント → パックロッドあるある、なズレが抑制

・スパイラルXコア → ネジレ、潰れ強度UP

・仕舞寸法 → 68.5cm

 

このあたりですね。特にスクリューロックジョイントは良い点です。何本かパックロッドを所有してますが、やはりズレてストレスになることがあるので・・。

 

 

 

候補2 シマノ フリーゲームXT

もうちょっと安めのロッドとして、シマノのフリーゲームXTにも「S100MH」という番手なら余程大物じゃなければ対応できそうです。2022年どころか三年前くらいのロッドですけど。

こちらは仕舞寸法が60cm未満になるので、飛行機の機内持ち込みも可能です。私はそこまでしませんが。

簡単なスペックは以下。

 

・6本継ぎ

・自重195g

・キャストウェイト 10〜56g

・PE0.6〜2号

 

まあもうちょい太いラインを使えるほうが良い気はします。

ちなみに遠征シーバス用に「S96ML」を持ってますが、コロナが始まってから遠征しづらくなったので全く使っておりません・・。

 

 

候補3 メジャークラフト 3代目クロステージ ライトショアジギング CRX-964LSJ

急にライトになりましたが、まあ正直何回行けるんだという問題もありますので、安価なものとしてメジャークラフトから出ているクロステージのモバイルモデル。これも発売から数年経ってますけどね。

仕舞寸法78cmなので、紹介した中では一番長いですけど、なんたって価格が安い・・。1.4万くらいですかね。

40g程度のジグが使える&PE2.5号まで対応とのことなので、太めのPEを巻いてしまえばなんとかなりそうな気もします。

 

候補4 REALMETHOD COMPACT GAME-GRII

だんだん安いものになってきましたが、最近釣具のポイントのPBであるリアルメソッドからもパックロッドが色々出てまして、こちらはテレスコピックのモデルである「965H」ならそこそこ対応出来るのでは・・と思っています。

出典:タカミヤ

 

仕舞寸法は71cm、自重が155gとえらく軽いので多分大物はキツいと思われますが、まあ何回行けるんだという問題はあるので、こういうお手軽セットで始めてみても良いのかなと思っています。

 

そういえば・・・

最近オフショアとか行かないんで、大型の番手のリールが無い(売っちゃった)んでした・・。

スピニングで手元にあるので一番大型が4000番しかない。

まあ一旦4000番でやってみて、無理だと思ったらカルディアSWでも買ってみますかね。。。

 

ただ普段自重が200g以下のリールしか使ってないんで、自重400g超えてくると、えーってなりますね(軟弱

タイトルとURLをコピーしました