投げ売りシーバスロッド「PEエボリューション PE-962M」を購入

見返すと何本釣り竿買ってるんだ、っていう感じではありますが、釣り竿というものはモデルチェンジ前とか廃盤とかで一時投げ売り(50%OFF以上)になることがあります。

元々1本シーバスロッドは持ってて、値段の割にはマシな竿(4000円くらい)だったんですが、もうちょっとまともなモノを買うか、ということでついつい購入。

DSC_0273

半額以上の9000円切るくらいの値段で買えました。

持った感じはそれほど重くなく、どちらかというと固め(Mだから当たり前だけど)で、42gまでのジグを投げられるモデルなので、同じくメジャークラフトのソルパラSPS-962LSJも1年以上使ってるのでライトショアジギング用にもこっちを使おうかなー、と思ってたんですが、

DSC_0274

全く考えてませんでしたが、グリップの位置が全然違った。当たり前ですが。

まあライトショアジギング用のロッドとシーバスロッド?なのでシャクリがメインなのかミノーとか投げるのかで全然違うわけで、こればっかりは実釣してみないと何とも言えない感じ。
ただコルクグリップだったり質感はやはり定価が倍違うのでPEエボリューションのほうが上です。
宮崎港に太刀魚とサゴシが沸いてるらしいのでさっさと試してみたいところ。

ただこの週末はずっと雨です。試せません。
明後日も祝日ですが雨予報です。

登場から数年経って、PEラインを使うのは普通になったので、PEライン向けのロッド、というコンセプトが微妙な感じになってしまってあまり売れなくなっただけだと思うのです。
新品の同じ価格帯の安いロッドを買うよりこっちのほうがやはり高級感があり、長く使えそうです。

ということで投げ売り価格で買うのは「アリ」なロッドではないかと思います。

Amazonによると

自重:176g
ライン:0.8~2号
ルアー:15~42g
アクション:R
グリップ素材:コルク&EVA
対象魚:シーバス・ヒラスズキ・小型青物

ちなみに、同時期から投げ売りされていたPEエボリューションの「PEエボリューション PE-782LL」も別途買っちゃいました。

↓こちらはPE-962MLなのでひとつ柔らかいモデルですが、まだ半額で売ってます。

9000円近くも出せないけど、汎用的に使えるシーバスロッドが良い人は、これまで使ってた(同僚にあげちゃいましたが)

でも値段の割には良い竿な気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする