2022年1月最後の大淀川チニング(2022/1/31)【2022年1月釣行】

チニング

早いもので2022年も1ヶ月終わりです

正月からもう1ヶ月経つのか、と思うと気が遠くなりますが、残念ながら真実です。

2022年はシーバスも改めてやるかぁ、と思っていたんですが気がつけばチニングばかり。だってチニングのほうがアタリが多いんだもの。

ふと2021年の1月を振り返ってみたんですが、チヌの釣果は「1枚」でした。たぶんシーバス狙ってたんだと思いますが全く覚えておりません。2月は35枚ほど釣ってたようなので、そろそろ枚数が増えてきそうな時期です。

という事で今回も結局チニングです。

 

開始早々のヒット

久々に大潮の日のナイトゲームです。大潮ってあんまり好きじゃないんですが、チニングに関しては話は別で、慣れると大潮って結構期待が出来る潮なんですよね。

という事で今回もクレイジーフラッパーを使います。

 

ナイトゲーム、且つ冬なので割とフグの攻撃も少なめなので、まずは橋脚付近の明暗近くを狙ってみることに。

この時期の釣り方はボトムバンプが定番ではあるんですが、大潮という事もあり、少しステイを長めに入れてちょっとづつボトムを転がるようなアクションを意識してみると、

 

コツン、コツン、コツン

 

と小さいバイトがあり、いきなり来た!

姿を見たときキビレかな?と思ったんですが黒鯛ですね。

私が釣ってる場所付近、40cmに満たない黒鯛は逆にレアでして、こいつは35cmくらいでした。

 

パターン掴んだかと思いきや

どうやら今日のパターンはボトムをなるべく切らず転がすようなパターンか!?

 

と思ったんですがその後小さいバイトはたまにありますが乗りません。

やっぱりボトムバンプ?いやドリフト?とか織り交ぜて試していると、また「コツン、コツン」と小さいバイト。

 

この小さいバイト、小物かなと思いきや大物が来る時があるので侮れません。

食った!と確信してフッキングを入れ、掛けてみるとなかなか浮いてきません。大物の予感。

 

流れが強いのもあり、寄せるのに若干苦戦しつつもキャッチ。

上げてみると43cm、というところかな、という黒鯛。引きは強かったんですが極端な大物では無かったですね。

 

その後

さらに流れが強くなり、そのためか反応も薄くなります。

こういう場合は足元に寄ってきているのでは、ということで丁寧に足元を探る作戦。ただこれは根掛りしやすいのがネック。

注意しながら足元を探っていくと、コン!と小気味よいアタリ。

 

今度はキビレをキャッチ。

さらに同じ攻め方でもう1枚。

 

とりあえずまた最近寒くなってきたのでこのあたりで納竿。

1月月間の釣果としては「36枚」でした。

 

今回のタックル

前回と似てますがちょっと違います。

・ロッド ゼスタ ブラックスター セカンドジェネレーション S78

これチューブラーなんですが、なんかノリが良いというか、余程遠くじゃなければ意外としっかり掛けられます。

昨年2月はこればっかりだったんで、実は向いてるのかも。ボトム感度はあまり良くないけど。

 

・リール シマノ ヴァンキッシュ C3000XG

前と違う、のはこいつ。前はC2000使ってたんですが今回はC3000です。普通に軽いのでこのクラスでも使い勝手が良いのと、90cm以上の巻取り量があるのでしっかり掛けられます。まあ昨年はヴァンフォードも使ってましたが、別にヴァンキッシュである必要はそれほどないです。

 

ということで2月の昨年実績を超えるには35枚以上、ということで、2月もさらに釣ってやろうと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました