引き続きポツポツとキビレ・黒鯛をゲットするデイ・ナイトチニング。月間の枚数を発表(2021/2/27、28)【2021年2月釣行】

チニング

週末は悪天候と聞いてたので諦めていたんですが、風向きをよくよく考えてみると

週末は悪天候で雨&強風、という予報だったので、2月のチニングキャッチ数は31枚かなぁと思っていたんです。

ただ天気予報をよくよく見てみると「北東の風」という事で、北寄りの風であれば実は風裏のポイントでいつもやっているため、実は釣行可能なんじゃないかなと思って行ってみると、全然余裕で釣行可能な状況。という事で雨後なので活性高いかな?と期待して開始です。

 

と、思ったら活性が高いのはチヌではなく・・・

釣りを開始してしばらく経ち、一向にキビレからの反応はない状況。

でもワームは程々に削られていく。そう、フグの活性が高い。

もともとデイゲームではフグの活性が高いんですが、この日はフグの居るポイントが広範囲に渡っていて、貪欲な奴の近くに投げるとワームが一発で無くなるという厳しい状況。

そのため少しでもフグの気配があったら即座に回収、移動を繰り返します。もうフグとは戦わず移動するのがコツです。

そして遂にヒット・・・しますがキビレではなく

移動を繰り返してキャストしていると、「コツコツコツ!」と小刻みなアタリが。

フグの可能性もあるのでフッキングしてみると、フグより全然重量感があります。

 

とりあえずチヌ・キビレ特有の叩くような引きでも無いし、なんだろうと思ったら35〜40cmくらいのソゲ。

久しぶりに意外な奴が釣れましたが・・・まあヒラメサイズではないのでリリース。

 

しかしその後もなかなかチヌからの反応を得られない状態が続きます。

とにかくランガンを繰り返し、足元に着いていた奴を何とか掛けることに成功。

一応1匹本命をキャッチしたところでデイゲームは終了。

 

ナイトゲームなら活性高いんじゃない?と期待してみるものの

19:30ごろ現地に着いてみると・・・活性が高い!

 

・・・シーバスですけどね

 

チニングをするつもりだったのであまりシーバス用ルアーを持ってきておらず、一応持っていたハイドロアッパー55Sで1ヒット。

 

 

しかしエラ洗いでバラし。夜のほうが強風でたまにルアーにアタックしてくるものの、なかなか乗らないのでチニングに変更、してみるも・・あまり反応を得られない状態が続きます。

たまにアタリはあるものの、掛からない。

こういう時にソリッドティップのチニングロッドを使うと良いんだろうか、と思うものの、持ってないものはしょうがないので粘ります。

ちなみにソリッドティップのチニングロッドというとこういうのがありますね。

クロステージなら安いんで買ってみようかなと思いましたが、もはやロッドが多すぎて邪魔なので保留。

 

そして遂に・・・ヒット

移動を繰り返し、最後は足元を繊細に攻めるという方法で遂にキビレがヒット!

しかも・・・意外とパワーのある個体がヒットし、ドラグがジーーーー!と出されます。

 

といっても先日掛けたクロダイ50UPほどでもないので、キャッチに成功。

キビレにしてはかなり良型の39cm。ちゃんと測れば40・・・ありそうですが、もっとはっきりした奴をいずれ釣りますよ、ということで。

 

結局反応が薄いのでこの1枚で納竿としました。

月間のキャッチ数がこれで33枚になりまして、昨年1年で32枚だったのに1ヶ月で更新するという・・・。そもそも昨年2月はシーバスしかやってませんけど。

あまりキビレやクロダイの生態よく分かってませんでしたが、いわゆる「冬爆」に該当する季節なんですかね。気温が上がってくるともっとヒット率が上がってくれるといいんですけどね。

 

これを書いた後・・諦めていた日曜日まさかの曇り空

絶対無理だと思っていた日曜日。朝は強風だったので諦めましたが、夜・・・

 

このくらいの風なら行けるやん!

 

という事で出陣しまして、雨の直後ということで活性が高いのではと期待してみると、そこそこの活性の高さ。

 

遠投より足元に流れが起きているので、ここに着いているんじゃないかと足元を丁寧に攻めてみると・・・ビンゴ。

まずは35cmの真チヌをゲット。

この後、1匹掛けるもバラし・・・。

そして引き続き足元を丁寧に攻めていると、コツコツっと小さなアタリ。

今度はバラさないようガツンとフッキング。追い合わせまで入れてしっかりと針を貫通させます。

 

意外とあっさりと足元まで寄ってきますが・・・足元で大暴れ。

この感じ、、、以前も似たような事があったような。。。

 

そうです。年無し釣った時と同じなのです。どうやら大型のチヌになると、割とサクッと寄ってくるものの、最後大暴れするような引きをするみたいですね。

 

で、寄せたものをタモで掬うと・・・明らかに重い。かなりの重量感。

案の定、ナイスサイズの真チヌ47cm。

これで月間35枚を達成。

大淀川も結構ポテンシャル高いんじゃない?と思ってきましたよ。

 

 

今回のタックル(土曜日分)

夜はスピニングでやったんですが、昼はひさびさベイトチニングです。

・ロッド オリムピック シルベラード GSIC-762ML

ベイトチニングというとこのロッド、という超有名なオリムピックのシルベラード。昨年「シルベラード プロトタイプ」という上位モデルが出ましたけど、私には今の所このモデルで十分かなと思っています。願わくばもう少し長いほうが使いやすいんですけど。

 

・リール ダイワ スティーズ SV TW

さすがにリミテッドじゃないんですけど(そもそもリミテッドはXHが無いので)ベイトチニングで多く使われているのがスティーズSV TW。

1012G1スプールは非常に優秀でして、バックラしないし飛距離も出ますし、SV BOOSTスプールより好きかもしれない。

created by Rinker
Daiwa
¥51,052 (2021/04/19 12:01:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

初心者の方向けにチニング解説してますのでこちらもどうぞ。

チニングまとめ

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました