引き続き好調な大淀川チニング。今回も良型ゲット(2021/2/21、22)【2021年2月釣行】

チニング

引き続き好調な大淀川のチニングです。

宮崎港は太刀魚、カマスといった簡単に数が釣れる魚が沸いているという事で人が多いようなのですが・・・大淀川はほぼ場所争い皆無なレベルで人が居ません。強いていうならば若干のシーバスアングラーの方が居るくらいですが、チニングだとそういう方ともバッティングしないので、ポイント争いが全く発生せず、好きなタイミングで行けるのがメリットですね。

という前置きでしたが引き続き好調なチニングに行ってきました。

 

まずはデイチニングから

もともとチニング自体はナイトの釣りである(夜のほうが釣りやすい)事は今も変わらないとは思うのですが、だいぶデイゲームでも釣る方法が確立されつつあります。

と言いつつも私自身はまだイマイチ手探り状態でやってるんですが、今の所思っているのが

 

・比較的早いアクション

・でもボトムは切らないように心がける

 

この2点がデイチニングでは重要なのかなぁ、と思っています。

 

で、ボトムを切らないように横にジャークするような感じで、エビが逃げるようなアクションを入れてみると

とりあえずはサイズは小さいものの2キャッチ。

ただこの釣り方、横にワームを跳ねさせるんですが、とにかくフッキングしづらいという課題があります・・・。

 

で、ナイトチニングへ

最近はなぜか足元ではなく沖で掛かる事が多いのですが、丁寧に足元までボトムバンプで誘っていくとガツン。

サイズは大したこと無いんですけど、幸先よく1匹キャッチ。

 

しかし、ここからたまにアタリはあるものの反応が薄くなり・・・1時間以上何もない状態が続きます。

そろそろ帰ろうかなぁ、と思ったら、フルキャスト後の着底と同時にヒット!

 

やっと2匹目か・・と思ったらなんか細長い魚体が見えまして、あらシーバスかなと思ったら

ニベでした。ポツポツと釣れるニベですが、この時期はあまり河川では釣れないので久々に釣った気がします。ハクを追ってくるんでしょうかね。

 

で、またアタリが遠のきまして、その後に

さすがにそろそろ帰ろうかなぁ(2回目)と思っていたら、コツコツ!と小さなアタリが。

フルキャスト後だったので思いっきりフッキングしてみると、いいサイズを確信できる感触が伝わります。

 

と、思ったら全然引かなくなりまして、簡単に寄せられたと思ったら足元に来た瞬間に大暴れ。

 

この感じ、最近経験あるな、と思ったら案の定真チヌです。

先日の年無しサイズには届きませんが、44〜45cmという感じの良型ですね。

 

今回のタックル

ようやくスティーズSV TWが帰ってきたのでスティーズを使おうかなと思っていますが、スピニングのほうが釣果が良い・・。

・ロッド ゼスタ ブラックスターS78

大物もいなせるライトゲーム用の汎用ロッド。この時期はやはりアタリが小さいので、少しライトなタックルのほうが良いのかも。

 

・リール シマノ ヴァンフォードC3000XG

何となく購入したものの大活躍のヴァンフォード。やはりチニングにはXGギアで思いっきり掛けるのが良さそうです。

 

オマケのキビレ(2021/2/22)

翌日(2/22)は有給を取ったものの・・・とにかく花粉が酷い。のでナイトゲームに行くものの反応がとても薄い・・。

何とか1匹をひねり出しました。

久々にベイトチニングで釣ったんですが、うまく掛けられない感覚があったので、寒い時期の間はスピニングで行こうかなぁと思いますね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました