USダイワよりタフなモノコックボディ搭載の新リール「BG MQ」が発表。2500番〜20000番まで幅広ラインナップで期待大

オフショアジギング

残念ながら日本向け製品じゃないんですが、日本でも出る期待が持てる「BG MQ」が発表です

USダイワの新製品発表がありまして、その中で注目のスピニングリールが「BG MQ」です。

BGと言えばマグシールド非搭載ながらタフ仕様、なのに安いという事で海外では人気のあるモデルですね。

 

created by Rinker
大和玩具(Daiwatoy)
¥10,710 (2020/08/06 16:07:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

そんなお手頃価格のBGですが、US向け製品ながらも「モノコックボディ」を搭載して新しく「BG MQ」として発表です。

 

外観はこんな感じです。

出典:ダイワ US

 

黒とシルバー、ということで同社のキャタリナを想像するような色合いですね。

 

BG MQの搭載技術

お値段はちょっとまだ分かりませんが、BGシリーズなのでお手頃価格が実現されるのでは、と思うわけですが、ダイワ独自の技術はきっちり搭載です。

 

・エアローター

・ATD

・デジギア(日本みたいにタフデジギア、とは書いてませんが、少なくとも弱いものではないかと)

・モノコックボディ

 

というお馴染みのものは搭載です。

 

で、スペック表が以下なのですが

出典:ダイワUS

 

2500D〜20000までと幅広いラインナップです。日本向けに出る時は、ディープスプールのみじゃなく浅溝タイプが出ると良いんですが。

2500Dで8.3oz、ということはだいたい235gという自重になるので、今時のリールとしてはちょっと重めになるんですが、丁度レグザの2500番と同じ自重です。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥15,677 (2020/08/06 16:07:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥15,361 (2020/08/06 16:07:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

というLTシリーズのリールと同じ自重〜という感じなので、モノコックボディ搭載によるタフさが低価格リールでも実現される、というのが嬉しいニュースですね。

ルビアスだと剛性について不安、かといってセルテートは高い・・・という人に良い選択肢になりそうです。

 

日本で発売されれば、ですけどね

 

海外のリールは取り寄せて買う事も可能ではあると思うので、人と違うものを使いたいぜ、という方は取り寄せてみるのもいいかもです。

 

続報

ギアは亜鉛ギアだそうです。

 


 

 

タイトルとURLをコピーしました