スティーズCT用のベイトフィネススプールを買ったのでインプレ。軽量ルアーへの対応力がUP。

ダイワ

スティーズCTのほうが好きなのにアルファスAIR TWの出番が多くなってしまったので

お値段の違いもありますが、やはり随所で精度の高さがあるスティーズCT。

なのでワタクシ個人的にはスティーズCTのほうが好きなのですが・・軽いルアーがぶっ飛ぶ、より軽いルアーが扱えるのがアルファスAIR TW。

そのためどうしてもアルファスAIR TWのほうが出番が多くなってしまっており、スプールを変えれば近くなるかな?という事で購入しました。

 

カラーはXHLに合わせて紫をチョイス。

かなり肉抜きされていて軽量化されています。

知ってる人は知っている、謎の「墨」と書いてあるスプールですね。5800円くらいでした。

ラインもそれなりに巻ける(PE0.6号を80Mほど巻きました)ので使用上は問題なさそう、という事で投げに行ってきました。

 

早速投げてみたが・・・

現地に到着し、まずはちょっと強めのブレーキ8から。

普通にバックラせずに投げられます。しかし回収している時のシュルシュル音?がかなり大きい

純正スプールだと全くそんな事は無いのですが、中華製スプールにありがちな、ベアリングがイマイチ・・・という感じなのかなという気がします。実用上は問題ないのですがなんか気になります。

 

で、肝心の軽量ルアーのキャストについて。

 

若干ながら、軽いルアーの飛距離については「伸びた」と感じられます。ローターが固定なのでSVに比べると当然ながらピーキーな感じはありますが、そこまで極端に扱いにくいわけでもないです。

最初は4.5gのLGポッパーで試しまして、そこそこいい感じだったので次にLGミノー(3g程度)を使用してみましたが、普通にキャストは出来るものの、バックハンドのようなしっかりロッドを曲げにくいキャストに関しては、若干ルアーが浮いてしまう感じがあります。

ただこのクラスでも、、、アルファスAIRはイケてしまう。残念ながら同レベルという所までは難しそうですね。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥32,945 (2020/11/25 23:18:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

まあ3gなんて基本的には使わないのですが・・・やはり3gでも全然余裕のあるアルファスAIRに比べると、飛距離の伸び感はまだイマイチ・・・な感じですね。

 

という事でまとめ

・明らかに軽量ルアーの対応力は良くなります

・お値段も純正に比べると安い

・でも部品精度が微妙

・残念ながらアルファスAIRには軽量ルアーの扱い、飛距離では勝てない

 

あとtwitterで教えていただいたのですが、注意点としては「細すぎるPEラインだとスプールとボディの間に挟まってしまう」みたいです。私は割と太目の激安PEラインを使ってるので問題なかったんですが、0.6号以下の細いラインを使う時は注意が必要そうです。

 

とりあえずアルファスAIRほどのベイトフィネス性能はありませんが、「若干軽量ルアーへの対応力が良くなる」という点においては「アリ」だと思います。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥52,200 (2020/11/25 23:18:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

残念ながらスティーズCTの出番は少なくなりそうだなぁ。

 

タイトルとURLをコピーしました