メッキ狙いに行ったら高級根魚@宮崎港(2017/8/20)

スマホアプリ「ツリバカメラ」の釣果を見ていると、ちょこちょこメッキの釣果情報が・・。

https://tsuriba.camera/

宮崎では夏後半になると釣れるようになります。

おかえりなさい!という事でメッキ釣りに・・・。

早朝サーフ到着

私の経験上、メッキは朝のサーフでよく釣れるので、宮崎港サーフエリアへ。

既に5名ほどの釣り人が居ますが、皆様スローな誘いで狙っているのでフラットフィッシュ狙いっぽいです。

いつも入る場所は、少し沖まで根のあるポイントで、魚が着きやすいのでそこを狙います。というかそこしか僕は釣れないのでその一帯のみ狙います。

既に水面に何かが浮いてますが、、、どうやらボラのようでメタルジグ・メタルバイブ・ペンシルに全く見向きもせず。

通過する時に逃げ惑う始末。メッキは混ざっていないのか・・・。

しょうがないので沖の根を狙う

水面に浮いている奴らを無視して、沖にメタルジグをキャストすることに。丁度先行者が諦めて帰っちゃいましたので、狙いたいエリアが狙えるようになりました。

水深が浅いので、スローに落ちるものを選択します。

選択したのはコチラ。アングラーズリパブリックの「スローブラットキャスト オーバル」

軽量金属Zライトメタルとオーバルな扁平形状で超スローフォール対応

オーバルが追求したのは圧倒的なスローフォールを実現すること。比重の小さい新素材Zライトメタルの採用とともに、ディンプル構造とVシェイプの融合が、安定したスローフォールと、ロッドワークに対するレスポンスを実現しました。喰わせのキーとなるフォールでは、フリーフォールからテンションフォールでフラッシングをコントロールすることが可能です。

水深が比較的浅いサーフを始め、急深なロックショアや堤防でも、その立ち上がりの早さと、スローなフォールがダイレクトにターゲットを攻め抜きます。レベルフォールの「Slim」、イレギュラーフォールの「Wide」とともに、ショアスローの新たな戦略を構築する柱となるモデルです。

引用:アングラーズリパブリック

かなり扁平なボディと軽量金属で、スローに落ちるので水深の浅いエリアで使いやすいジグ。

残念ながら10gしか持ってないので、ゼブラグローカラーをキャスト。

すると2投目でいきなり「ゴンッ!」とひったくり系のアタリ。

しっかり掛かっているようなので、根ズレしないようにゴリ巻きで寄せる。

上がってきたのは25cmくらいのキジハタ。

※追記 キジハタじゃなく「チャイロマルハタ」のようです。

今年はちょこちょこと宮崎港でキジハタが釣れるなぁ。普段釣れないんですけども。

その後は場所を移動してジグを投げてみたものの、何も来ないので終了。

今日のタックル

いつもと同じ、このセット。

・メジャークラフト エヌワン NSS-902SSJ

サーフだと「9ftは短い」という感じはありますが、波の穏やかなサーフであればそこまで問題ありません。波が穏やかな場所であれば、それより「繊細なティップにより着底がよく分かる」ほうが重要ではないかなと思っています。

さらにロッドが軽量なので、レングスの長いロッドに比べて格段に疲れないというのも◯。

7gくらいのものからちゃんと底が取れるので、ワインド/ライトワインドも可能。

僕は専らジグ投げたりシーバスに使ってます。

・ダイワ 16セルテート 2510RPE-H

急な大型魚のゴリ巻きにも余裕の対応。安心のセルテート。
ATDの滑らかなドラグも気に入ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする