詳細スペックが分かってきた「20レブロス」と大人気「レガリス」のスペックを比較してみる

詳細スペックが分かってきた「20レブロス」と大人気「レガリス」のスペックを比較してみる

公式よりいろんなところで情報の出ている「20レブロス」

 

いきなりですが、コチラの画像は20レブロスではなくレガリスです。ご注意を。

出典:ダイワ

 

先日記事を公開して以来、なかなか反響があったのですが(といっても目当てはレブロスというよりルビアスだと思いますが)、20レブロスについては詳細スペックが分かってきましたので、1つ上位モデルである「19レガリス」といくつか比較してみようと思います。

ただ、「全く同じ番手が被らないように」リリースされるっぽい感じですね。

なので近い番手での比較になります。

 

「20レブロス」と「レガリス」の2500番の比較

まずは「20レブロスLT 2500S-H」のスペック。

●ギヤ比:5.6
●巻取り長さ(cm):79
●自重(g):220
●最大ドラグ(kg):10
●ハンドル長(mm):55
●ノブタイプ:T
●ベアリング(ボール/ローラー):4/1
●糸巻量ナイロン(lb-m):4-150、5-120、6-100
●糸巻量PE(号-m):0.6-200、0.8-190、1.0-140

 

どうやら全く同じ番手は無さそうなので、レガリスLT2500S-XHのスペック。

●ギア比 :6.2
●巻取り長さ(cm) :87
●自重(g) :205
●最大ドラグ力(kg) :5
●ハンドル長(mm) :50
●ノブタイプ :I
●ボールベアリング/ローラー数 :5/1
●巻糸量 ナイロン (lb.-m) :4-150、5-120、6-100
●巻糸量PE (号-m) :0.6-200、0.8-190、1.0-140

 

レガリスは「XH」のモデルを持ってきたのですが、なぜかレブロスのほうが「ハンドル長」が5mm長いです。

普通はギア比が高いモデルの方が巻きが重くなるので、ハンドル長が長くなる傾向にあるのですが、逆ですね。

大きな違いは「ベアリング数が1違う」「最大ドラグ力が5kg違う」「自重が15g違う」「ハンドルノブタイプが違う」という感じですが、

最大ドラグ力はあまり意味の無い気もするので、価格差が大体1200〜1500円程度と考えると、、、

 

2500番はレガリスの方が良さげ

 

という印象です。

 

 

 次に3000番の比較

まずは20レブロスLT 3000-CH。エクストラハイギアではないです。

●ギヤ比:5.6
●巻取り長さ(cm):84
●自重(g):230
●最大ドラグ(kg):10
●ハンドル長(mm):55
●ノブタイプ:T
●ベアリング(ボール/ローラー):4/1
●糸巻量ナイロン(lb-m):8-150、10-200、12-100
●糸巻量PE(号-m):1.0-200、1.2-190、1.5-170

 

次にレガリスLT 3000-CXH。

●ギヤ比:6.2
●巻取り長さ(cm):93
●自重(g):220
●最大ドラグ(kg):10
●ハンドル長(mm):55
●ノブタイプ:T
●ベアリング(ボール/ローラー):5/1
●糸巻量ナイロン(lb-m):8-150、10-200、12-100
●糸巻量PE(号-m):1.0-200、1.2-190、1.5-170

 

だいぶ近くなりました。ノブタイプも同じ、最大ドラグ力も同じとなったので、ベアリング数と自重が10g違う、というのがスペック上の違いです。

20レブロスはまだ出ていませんが、予約を受け付けているショップでは「ほとんど値段が変わらない」場合があるようです。

その場合も当然ながら「レガリス買ったほうが良い」という事になりますね。

 

 

見た目もやっぱりレガリスのほうが・・・という感じはします。

高級感がありますよね、レガリス。

 

最後に4000番

どうやらこちらもエクストラハイギアモデルはなく、ハイギアモデルになりますね。

20レブロス LT4000-CH

●ギヤ比:5.6
●巻取り長さ(cm):89
●自重(g):255
●最大ドラグ(kg):12
●ハンドル長(mm):60
●ノブタイプ:T
●ベアリング(ボール/ローラー):4/1
●糸巻量ナイロン(lb-m):10-190、12-150、14-100
●糸巻量PE(号-m):1.2-310、1.5-200、2.0-170

 

そしてレガリスLT4000D-CXH。

●ギヤ比:6.2
●巻取り長さ(cm):99
●自重(g):245
●最大ドラグ(kg):12
●ハンドル長(mm):60
●ノブタイプ:T
●ベアリング(ボール/ローラー):5/1
●糸巻量ナイロン(lb-m):20-150、14-230、10-330(Dなので多い)
●糸巻量PE(号-m):1.5-430、2-300、2.5-260

 

ギア比は当然違うのですが、レガリスは「D」のスプールになるので糸巻き量が多いです。

この番手になると、正直私ですね「あまり下巻きするのが好きではない」という理由から「20レブロスLT 4000-CH」を推します。

 

あまり極端な糸巻き量があっても使わない&飛距離が落ちるため、程よい糸巻き量のスプールが好きなのです。

 

というわけでまだ「20レブロスLT」は予約段階という事もあり、価格が落ちていないのであまり現時点では価格差が無い模様です。

 

というわけでどちらを選ぶか

 

価格差はかなり小さいので、用途が合っているなら「レガリス」を買ったほうがお得感はありそうです。

ただ先程書いたように「糸巻き量の違い」や、「番手によってハンドルノブが違う」という点も考慮ポイントではないかなと思います。

ダイワは割とパーツ供給が長いので、メンテの部分考えてもレガリスでそんなに問題無さそうです(下手すると新しいの買ったほうが良いけど)

 

スプールを変えるという選択肢も今後あると思いますが、追加出費を考慮して最終的に決める、というのも良いかなと思います。

 

あとは搭載技術がどうなるか・・というところですね。エクストラハイギアモデルが無いところを考えると、タフデジギアとかじゃないのかも。

ダイワカテゴリの最新記事