これは気になる!タックルハウスの新ルアー「ローリングベイト メタル」定番ルアーがどのように変化するのか!?

これは気になる!タックルハウスの新ルアー「ローリングベイト メタル」定番ルアーがどのように変化するのか!?

 

古くからシーバスの「定番ルアー」と言えば・・と聞けば必ず上位に来るルアーが

 

ローリングベイト

 

だと思うのですね。たぶん他には「レンジバイブ」などを挙げる人もいらっしゃると思うのですが、多くの方がローリングベイトは挙げると思うのです。

 

これまで48mmサイズから99mmのようなサイズ展開があり、もはやマニアでもどのくらいリリースされているのか分からないくらい、ローリングベイトはサイズ展開やカラー展開が豊富なのですが、それも「定番」「歴史」「人気」「実績」といった要素から来ているものかと思います。

 

というローリングベイトに革新が起きます。

 

遂に「金属ボディ」を採用。その名も「ローリングベイト メタル」

 

出典:タックルハウス

 

正直言いますよ、

 

見た感じ、シルエットはカッコよくはないなぁ。

 

というのがパッと見の印象ではありますが、この定番ルアーがメタルボディを手に入れて飛距離が大幅アップすることが見えているので、「これまで届かなかった」場所に潜むシーバスをローリングベイトで狙える日が来たわけですね。

 

 

ローリングベイト メタルの仕様

2モデルのリリースです。

 

・RBM28 85mm 28g ¥1,480

・RBM20 70mm 20g ¥1,400

 

まあ一般的なメタルバイブよりはちょっとお値段は高い設定ではあります。

 

公式の説明を引用すると

リトリーブ時の引き重りが少なく水平姿勢のローリングで多くのアングラーから支持されているローリングベイトのメタル版、それがローリングベイトメタルです。その泳ぎの特徴は、まさにローリングベイト譲り。いわゆるメタルバイブレーションの頭下がりの不自然な泳ぎとは異なり、メタルボディになっても、水平姿勢をキープして泳ぎます。

ウェイトが重い分、飛距離もかせげ、これまでのポイントをさらに広く、深く探ることもでき、ターゲットもシーバスのみならず、青物等にも活躍します。

 

なるほど、たしかにメタルバイブは若干頭下がりの泳ぎをする事に比べ、たしかにローリングベイトは水平姿勢に近い泳ぎをするわけですが、メタルボディになってもそれは継承されているようです。

 

私実はシーバスより太刀魚をローリングベイトでよく釣るんですけど(別に狙ってないけど掛かる)飛距離を手に入れた事で、青物なども狙えるようです。

 

しかし、なぜ釣れるのかが不思議なルアーなんですよね。ローリングベイト。

 

ローリングベイト メタルのカラーラインナップ

・レッドヘッド

・チャートバック・オレンジベリー

・レインボー

・レッドゴールド

・湾岸ベイト

・イワシ

・コノシロ

・ブルーピンク

 

という定番カラーがラインナップ、という感じですが、もうちょいフラッシングが強いカラーが欲しかったかな、という印象です。レッドゴールドも赤がキツすぎるように見えますねぇ。

ローリングベイトにある「メタリックシラス」みたいなカラーが欲しかったかな。

 

ともあれ期待大なルアー

メタル化したことで、そのまま釣れ続くのか、はたまた釣れなくなってしまうのか。

そのあたりも気になるルアーです。

 

発売は11月のようなのでもうすぐですね。