【初心者向け】私が使用しているリーダーの号数はこんな感じ2019年版

PEラインを使ってルアーフィッシングを始めた人がつまづく点として

リーダーの存在

というものがあると思います。

何故そもそもリーダーを使うのか・・という所から始まり、FGノットが面倒くさい・・という所でとても敷居が高いものがリーダー。

という結び方などはさておいて、私がライトゲームやシーバスで使っているリーダーの号数を参考までに紹介したいと思います。

ライトゲームの場合

ライトゲームはもう決まって「フロロ2号」という号数です。

何でかと言いますと

引っ張り強度は十分にある。障害物さえ無ければ60UPくらいのシーバスも捕れる

という理由です。尖った岩などで擦ると速攻切れますが、普段ライトゲームは防波堤などでやることが多いので、あまり尖った岩などはありませんので十分な強度です。

あと、ライトゲームはジグヘッドとか安いんでダメージ少ない

というのもありますね。

使うのは「ジョイナーボスメント」の2号です。

50Mで600円くらいなので、まあ1年くらいは余裕で持ちます。

春〜夏のシーバス

こちらは「フロロの3号」ですね。

春はマイクロベイトパターンという事もあり、たいしたサイズのシーバスは宮崎では出ないんで、なるべく見切られない程度の3号を使用する事が多いです。

メインはシーガーの「プレミアムマックス」ですね。

でもちょっとケチりたい時はやっぱりジョイナーボスメントです。

秋〜冬のシーバス、ライトショアジギング

ハイシーズンになったり、ライトショアジギングの場合は「フロロ5号」を使います。

太刀魚やサゴシ、という歯の鋭い魚がターゲットになることもあるので、最低このくらいの号数は必要かなと思います。でも太刀魚やサゴシは6号でも切っちゃうので万全ではありません。

メインはシーガーのプレミアムマックスですね。

という、3種類を使い分けていますが、この3種で十分かなと思います。

オススメなのは「プレミアムマックス」です。

結束もしやすく、しなやかで強いリーダーはこれでしょうね。

番外:便利グッズ

リーダーを結ぶのが面倒、という人には便利なグッズもあります。

FGノットが苦手・・という人は、簡単な「チチワ結び」程度が出来れば結束できるスグレモノですね。

詳しくはコチラ

まあ、とはいえ慣れるに越した事はないので、FGノットは練習したほうが良いかと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする