シマノから秋のハイシーズンに向けてサイズアップの「エクスセンス ゴリアテハイ 145F XAR-C」が登場!ちょっとツッコミますよ。

シマノから新ルアー「エクスセンス ゴリアテハイ 145F XAR-C」が登場しますよ。

出典:シマノ

これまで「95F」「125F」というサイズはありましたが、今回は「145F」という秋のランカーシーズン向けのサイズになっています。

エクスセンス ゴリアテハイ 145F XAR-C の特徴

ただ、浮力の高いAR-C SHELLを採用しただけでは勿論ありません。ゴリアテX AR-Cとして、最新のシーバスメソッドに対応するためイチからボディ形状の設計をやり直し、物理的にスプリングの力でウェイトを泳ぎ位置に制御させるAR-C重心移動(PAT)に加え、浮力の高いAR-C SHELLを搭載する事で、旧モデル以上の俊敏な立ち上がり性能を得ることを目的として、開発しています。

なるほど、と思ったのも束の間。上記が145Fの説明文なのですが

待望のゴリアテリニューアル。ただ、浮力の高いAR-C SHELL(PAT)を採用しただけでは勿論ありません。ゴリアテX AR-Cとして、最新のシーバスメソッドに対応するためイチからボディ形状の設計をやり直し、物理的にスプリングの力でウェイトを泳ぎ位置に制御させるAR-C重心移動(PAT)に加え、浮力の高いAR-C SHELLを搭載する事で、旧モデル以上の俊敏な立ち上がり性能を得る事を目的として、開発しています。

これが95F、125Fの説明文。

95F、125Fと説明ほぼ一緒じゃないですか。(ツッコミその1)

という、せっかく145Fというサイズになったので何かあるでしょシマノさん。。。

紹介文がまさかのほぼコピペだったので、スペックを見ていきます。

125Fが17gの自重だったのに対して、145Fは25gと重量が8gアップとなっていますので、さらなる飛距離アップは期待できそう、と思ったらですね

125F  ・・・ 飛距離59m

145F  ・・・ 飛距離52m

飛距離落ちとるやないか。(ツッコミその2)

やはりサイズアップにより空気抵抗が増えるのか、飛距離はシマノ公式でも落ちてますね。

ですが、最初から「狂鱗カラー」があるのは良いですね。

という、すでに2ツッコミというところです。

ちなみに私、95Fを所有してますけどね(正月安売りしてたんで)

なんか普通なんで最近あまり使ってないんですけど、キャストフィールも良いし、「水面直下から一段〜二段下くらいのレンジを引いてくる」のに丁度良く、飛距離もそこそこ出ますので

尖った所は無いけど、使いやすいルアー

だと思うんですね。それであるが故に人々の目に止まりにくいのか、それとも「ゴリアテ」って何やねんという所から人々が手に取らないのかはよく分かりませんが、特に不人気になる理由も無いなぁ、というルアーなんですよ。

なのでワゴンセールに入るようなルアーじゃないと思うんです。

丁度ドリフトの練習するのに良いルアーじゃないかな、と思うわけですね。

というわけで、私のホームではランカーなんて全然出ませんので正直使い所が何とも言えないのですが、ドリフトの釣りが好きな方にはゴリアテハイはオススメのルアーです。

まあ、個人的には95Fが好きですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする