スコーピオンBFS XG LEFTを買ったけど、たいして役に立たないインプレとタトゥーラSV TWとの比較

「ベイトフィネス」という釣りがございまして、個人的に興味があったものの、なかなか手を出す気になれず保留にしていたんですが、とにかく「軽いルアーを投げられる専用機」というものを触ってみたかったんですよね。

で、気づいたらですよ

こんなものが届いたんですよね。お金払ったけど。

で、開封。久々にシマノのベイトリールを触った。

うむ、なかなかシルバーが良いですね。

そしてとても良いと思った部分として、「とてもパーミングしやすい」点が挙げられます。

手放したけど「エクスセンスDC」はデカすぎて辛いわ、と思っておりました。

その後ダイワのコンパクトなスティーズSV TWジリオンSV TWを触っていて、ダイワのほうがとてもパーミングしやすい34mm系リールが揃っているので、すっかりダイワ派になっていたんですけど、このスコーピオンBFSは非常に良いですね。

スコーピオンBFS のスペックおさらい

自重が165g、ということでスティーズSV TWとあまり変わらない自重です。

上位機種のアルデバランBFSになると、驚異の130gとなるわけですけれども、別にそこまで軽くなくても、という気もするので一旦安価なスコーピオンBFSにしてみたわけです。

今回「XG」にしたので、とんでもなく巻きが重いかと思いきやそうでもなく、割と軽快に巻けます。

というわけでスコーピオンBFS投げてみた

まず、「初めて使うベイトリール」でやってはいけないこと。

ナイトゲームで使う

という、もはやバックラ終了しか見えない状態で投げてみました。

結果ですね

・飛距離もよくわからん

・結局バックラした

という事で正直全くピンと来ないうちに終わりました。

で、そんな事もあろうかと、「タトゥーラSV TW」+「レイズスタジオのベイトフィネススプール」というリールも予備に持っていったんですよね。

投げたのが「ジグパラブレード」の7g。

7gになるとベイトフィネスじゃないじゃん、という重量にはなるんですけども、正直ですね

タトゥーラSV TW+レイズスタジオスプールのほうが使いやすい

と、いう感想です。使い込む前にバックラしたんで、正直スコーピオンBFSの性能は全然出し切れていないのは分かっておりますが、それにしてもタトゥーラSV TWのほうが全然飛距離も出ますしバックラもしません。夜でも感覚的に全然飛距離が違うのが分かります。

まあダイワリールに慣れているので、扱いに慣れているという点は多々あると思いますけど。

あと「レイズスタジオのスプール」という純正品以外を購入する必要がある、という点もちょっと差がある点かと思います。標準のSVスプールだと5g以下のルアーは結構厳しいかなと思います。

「巻き心地」はスコーピオンBFSのほうが全然良いと思いますね。

タトゥーラはちょっとカチャカチャするんですが、スコーピオンBFSはそんな感じはありません。

じゃあタトゥーラでいいじゃん、となりますが

これも経験したわけじゃないんですが、タトゥーラはよく言われるのが

ソルト対応の割に海水に弱い

というお話を聞きます。そういう意味ではそういった話を聞かないスコーピオンのほうがソルトには強いのでは、という感じがあります。

今の所私のタトゥーラは何ら問題ありませんが、割とすぐにシャワー洗浄をしているため大丈夫なのかな、というところで、どうやら割と弱いらしいです。

となってくるとスコーピオンBFSのほうが、いろいろなシーンで使える気がしますね。

まあ、、私はいまいち使いこなせる気がしてこないので、タトゥーラでいいやという気がしていますが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする