週末のシーバス釣行。発売間もないあのルアーをロスト・・(2018/3/16)

花金と言えば飲み・・じゃなく釣りに行くのがアングラー。

というわけでちょっと遅めの22時ごろから宮崎市は大淀川へ。

先行者が居たためいつもと違う場所へ

真冬に釣りをしている釣りバカは僕とK君くらいしか居なかったので、ほとんど同じ場所でやってたわけですが、だいぶ暖かくなった&遅い時間だったので先行者の方がいらっしゃいまして、たまには違う橋脚へ行ってみました。

そこはドシャロー

浅いことは分かっていたのですが、夜なのでよく分からないのです。

ライズ/ボイルもほぼ皆無状態。

とはいえ今はハクパターンにより表層を泳いでいる小魚を狙っている&ドシャローなので表層付近を引いてこれるこいつをチョイス。

カラーはいつもの「レモンソーダミント」
このカラーが非常にナイトゲームでよく釣れるので、ベイソールミノーやソラリアのこのカラーも揃えてやろうかと思っているくらいです。

というわけでいつもの明暗橋脚攻め

ほとんどやったことが無い場所なのですが、基本は「明暗」に居ることは分かっているので、上流に向けてキャストし、しばらく引いてくるところで明暗部分にかかる、というコースを狙います、が、

強風によりよく見えない

という状況。しょうがないので何となく経験則でルアーを通してみると、3投目でコツっとアタリがあり、20cmちょいのセイゴをゲット。

魚の気配はあまり無かったんですが、居ることを確信したので引き続き同様のコースを通すと、、

コツコツっ

と小さなアタリがあり、巻き合わせ気味にフッキングを決める。

たいしたサイズではないようだが、先程のチーバスに比べると底に突っ込んだりと元気に暴れてくれて楽しいサイズ。

35cm、、、といったセイゴちゃん。

この後さらに20cmくらいのチーバスをゲット。

ガルバスリム・・・素晴らしい。当面1軍は確定。

しかし悲劇到来

反応が無くなったので橋脚の下流側に移動。

そこもドシャローなんですが、ガルバスリムなら表層直下なので・・と思っていたら

ガッツリ根掛かり発生

しかも最近はPEを0.8号、リーダー3号というちょっと細めの仕掛けに変えていたため、ガッツリ根掛かりの場合はもはや絶望的。

オモリを持っていたら何とかなったかもしれませんが、、持っておらず。

尖った岩でリーダーが切れてしまいロスト。

1時間くらいでしたが、とりあえず釣れたので納竿。

しょうがないので

またガルバスリム買った。

もうそのエリアでは投げません。

今日のタックル

・ダイワ レイジー 100ML

ラテオとそんなに価格差が無い事から、イマイチ話題にもならないレイジー100ML。

僕もラテオでも良かったんですけど

新しいモデルって新しいテクノロジーが入ってたりしますよね?

と思って購入。

ただラテオを持っていないので何ら比べる事が出来ない、という問題に後から気づきましたけどね。

軽いので初心者の方には良いと思いますよ。

・ダイワ セオリー 2510PE-H

先日「ATD」を「UTD」に変えたセオリー。記事はコチラ

UTDってどんなだっけ、と思ってなるべくドラグを出せる魚を掛けたいのですが、まだ掛かってません。

LTコンセプトのリールとはスプール互換性がありませんが、既にダイワのリールを持っている人はスプール共用が出来るので、選択肢としてアリだと思います。

まあ、、、今から買うなら18カルディアが重量が同じなんで18カルディア買いますよねっていう話なんですけどね・・。

少し重量は重くなりますが、シーバスは巻きの釣りが多いので、そこまで重量差は考えなくても良いかなと思います。

なので今から買うなら18フリームスでも良いと思いますよ。

3000を持ってますが、コスパは非常に良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする