シャローエリアの救世主。コアマン「ローリングジグヘッド RJ-7」を購入、インプレ。フックについて。

宮崎では入荷が遅くてですね、忘れないうちに買ってきました。

待ってたぜ・・RJの発売を・・・。

というわけで何となく2個買ってきました。

早くサイズアップ版のRJ-10も出てほしい所ですが、先にRJ-7が発売された感じです。

というわけで早速投げてみました。

シャローを引くのに最適

これまでワームでシャローを引くには普通にジグヘッド+ワームという感じでやってたわけですけれども、今回RJが出た事でその幅が広がりました。

VJ-16でもやはりレンジが入ってしまうので、より浅いレンジを引ける専用のジグヘッド、それがRJという感じです。

ジグヘッドは7g程度ですが、アルカリシャッドを追加すると約10gくらいかな?という重量になりますので、そこそこの飛距離は出る感じです。

フックが上に付いているので根掛かりもしにくくなっており、バックチャターで採用されていた背面ダブルフック仕様をそのまま持ってきた感じですね。

魚が掛かると上のフックが動くようになっており、バラしにくくなる工夫が施されてます。

フックが弱いというお話について

ネット上で購入された方の感想を見ていると「フックが弱い」というお話をちょこちょこ見かけます。

で、実際の所どうなんだと。

これですね、実際の所「あまり強くない」のが本音です。

と、言いますのも買ってからしばらく投げてたらですね

ガッツリ根掛かりした(笑)

という事が起きまして、買ったばかりなのに終わった・・と思ったんですが

無事フックが折れて回収できた

という、フックが極端に強かったら救出出来なかった、という複雑な気分ではありますが、お陰様でなんとか回収に成功しました。でもその結果フックはそんなに強くないな、という感触を受けた感じです。

普通は曲がって回収出来るんですが、折れたというのが気になりますね。

といっても極端に弱すぎて使えない、とかそういう事はありません。たぶん60cmくらいまでは大丈夫と思うんですが、ランカーサイズになるとちと厳しいかも。

とはいえ優秀なルアーであることは間違いない

ジグヘッドと考えるとかなり高価ではありますが、それでも「ドシャローを引ける」というワームとしてはかなり優秀なルアーだと思います。

「なぜかワームしか食わない」という事がシーバスでは頻繁にありますので、そういうシーンで確実に1個あっても良いルアーになってますね。

早くRJ-10が出るのが待たれますよ・・・。

VJと共に、確実に釣れるルアーだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする