マグシールド搭載ラインローラーって結局どうなのよ、という方へ(16セルテートの場合)

ネットで検索するとあまり評判の良くないダイワの「マグシールド」という、16セルテートではラインローラーにも搭載されている技術があるわけです。

僕が16セルテートを買って1年半程度経過していまして、そろそろオーバーホールに出してみるか、という事でオーバーホールに出しまして、2週間ほどで無事帰ってきたわけです。

その結果、

「何ら問題ないので、そのままお使いください」

という結果でした。あれ、マグシールド・ボールベアリングはクーポン持ってたら無償で変えてくれるのでは・・という気がしたんですが、問題ないならしょうがないですね。

ちなみに釣行回数

恐らく16セルテートで100〜150回は釣行していると思います。

最近はリバーシーバスばかりなので海水が入らないんですけど、当然ながらソルトでも何度も使っているわけですが、「帰ってからちゃんとラインローラーを回しながら洗う」という事は徹底していまして、その結果今もラインローラーの回転は良好です。

セルテートのラインローラーは注油禁止なので、一度も注油したことはありません。

(シマノのコアプロテクトは一切信用して無かったので、注油禁止でも無視して注油したら調子良いです)

というところからすると

マグシールド(特にラインローラー)って良いじゃん

という印象を持っています。だって注油無し1年半で何ら問題ないわけですからね。

ただ、やはりメンテは必要

今回何ら問題なかったマグシールド搭載のラインローラーですが、やはり一番の要因は

帰ってからちゃんと洗ってた

だと思っています。という意味では僕は割とちゃんと扱ってるので、ラインローラーのトラブルは少ない方だと思います。

マグシールドだからといって、メンテナンスフリーというわけでは一切無いと思ったほうが良いですね。

というわけで、ネットでイマイチ評判の良くない機能ですが、僕個人的には

何ら問題ない。むしろオススメである。

と、思っています。

まあ、どうしても今人気なのは「ツインパワーXD」だと思いますが、セルテートも非常に良いリールですよ。余裕で数年持ちますので、結果安くつくかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする