消耗品をケチる僕が使ってるベイトシーバス用激安PEライン、リーダーの紹介

「釣りでお金を掛けるのは魚から近い順に」

的なお話をどこかで聞いたことがあるんですけど、いわゆるフックやラインはちゃんとしたものを使ったほうが良い、という事なんですね。

しかし私の場合は逆で

1.リール

2.ロッド

3.ライン

4.フック

という順でケチっています。良いかどうかはさておきですが、消耗品に関しては出来るだけコストは抑えたいものですよね。

フックはマルトのフックをたまにまとめ買いしています。

http://www.fishhook.co.jp/

3500円以上で送料が無料になるので、一気に150本ほど買えば送料は無料になります。

という事で、今回ケチってるもので紹介するのは「PEライン」「リーダー」です。

スピニングの場合はあまりケチらず、最近はG-SOUL UPGRADE X8を使っておりますが、ベイトに関しては

・回復不可能なバックラッシュで大量に消費する事がある

・4本編で十分である

・リーダーを長めに取るので消費が激しい

という事もあり、既にこのブログで何回も紹介しているモノですが改めて紹介してみます。

PEライン

使っているのはこれの1.5号。

Ashconfish PEライン 4編

Ashconfish、という海外メーカーっぽいところのPEラインですが、こちら若干日本製のPEラインよりは太いかな、という点があるので、敢えて1.5号としています。

ものすごくコシがある、とか、編み込み精度が良い、とかそういう事も特にない普通のPEラインではあるのですが、これにしてからかなりバックラッシュは減りました。

ベイトシーバスを初めた頃、あまりにバックラッシュするので3号のPEなども試したのですが、そこまで行くとガイド抜けが悪くて使い物にならないので、これを試した所特にトラブルもなく使えているのでリピート購入をしています。

何と言っても安い。

1000Mで2,700円くらいですので、100M巻いても10回巻き変えられるのでコスパは抜群です。

実際に巻いてみるとこんな感じ。

表面は4本編という事もあり、若干ザラザラ感がありますので、PEコーティング剤を使うことで軽減できます。

ちなみに余談ですが、フローリングの床にこのコーティング剤が付くとメチャクチャ滑るので気をつけましょう・・・(おかげで家でコケた)

ちなみにですが

他の日本製PEラインより良い!

というわけではありませんのでご注意ください。

リーダー

こちらは普通にフロロカーボンのリーダーで良いのですが、「ケチっている」と言うからには出来るだけ安いモノを紹介します。

最初は50Mで700円くらいで買える、いわゆるハリス的なものを使ってたんですが、元々ベイト練習用に買っていた「カーボナイロン」ラインをリーダーに使っています。

こちらのラインにすることでバックラッシュもかなり軽減されたためしばらく使ってましたが、やはりモノフィラメントラインはガイドと擦れたりするとザラザラ感があり気になるので、結局PEラインに戻りました。

こちら600円程度で500Mもあるので、まあ普通に使っていれば無くなる事は無いのと、しなやかさはほぼナイロンラインなので、FGノットなどの結束もしやすいラインです。

ナイロンラインよりは吸水性は低いらしいのですが、どうしても釣行すると劣化してしまうため、耐久性はフロロカーボンに劣ります。

数回の釣行でリーダーを組み直す必要がありますが、とにかく使いまくっても無くならないので、2ヒロ以上取るロングリーダーシステムに合っていると思います。

スピニングでは「シーガー プレミアムマックス」をリーダーとして使ってますが、30Mで1000円くらいなので、10回も組み直すと無くなってしまいます。

こちらは500Mあるので、、、何年かかるのでしょうね、、、。

まあ、ここぞという時がある人はちゃんとリーダー専用のラインを使ったほうが良いと思いますが、

・僕のように無駄に釣行回数が多い

・僕のように無駄にリールを沢山持っている

という人はこういう節約も良いのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする