一目で分かる!2017シマノ新製品一覧ページが公開!個人的に気になるものピックアップ。

フィッシングショーを目前に控え、シマノの新製品一覧ページが公開されました!

シマノ 新製品一覧

個人的に注目している製品はこれ。

ツインパワーXD

いや、、別に15ツインパワーで困ってないんですけど、、見た目以外。

困ってないしライトジギングとかに使っても別にギアも問題ないのに、さらに70%強度が増した、とか言われると気になりますよ。
さらにNEWマグナムライトローターによる巻き出しの軽さ。

持っているのが4000XGなのですが、C3000HGでも良かったかなー、と思っていた所に、「XD」の名を冠したツインパワーが出るなんて予想外ですよね。
ツインパワー4000XGとツインパワーXDのC3000HGって60gくらい重さが違うんですよね・・・。235gでこのタフさは驚異的かと。
そこまで大物狙いじゃなければオフショアでも全然いけるのでは、となると1台で兼ねられるのはお得ですよね。

予約を受け付けているショップがちらほら。約40000円、といったところです。

欲しいのはやまやまですが、、さすがに今ツインパSWもありますので、、、見送りか・・・。

エクスセンス

全国のシーバスアングラーへ・・・とシマノからNEWエクスセンス。

シーバスアングラーの憧れ、エクスセンスが生まれ変わった!ステラ同様のMgボディに、瞬間起動の「NEWマグナムライトローター」を搭載し強さと軽さを追求。さらに瞬間的な水没にも対応する新生「Xプロテクト」、ドラグワークを駆使したやりとりに威力を発揮する「ラピッドファイアドラグ」など、スペシャルフィーチャーを多数搭載。シーバスを愛するアングラーに、ぜひ手にしてほしい一台だ。

ステラと同じMgボディにNEWマグナムライトローターという、シーバス専用リールの正統進化形。
こちらも3月発売予定なので、予約開始しているショップもあります。

17アルテグラ

なぜかコアソリッドシリーズに配置換えのアルテグラ。

16ナスキーと迷うところですが、1万円ちょい、という価格帯なので「剛性」を重視し、ギアやボディの強化、防水機能向上が主なポイントでした。

正直、このくらいのリールで普通の防波堤であれば大抵の魚は取れるんで、別に高級リールって絶対必要か、というとそうでもないんですよね。

炎月・・・?去年マイクロモジュールギア搭載で出たばかりでは・・・・?
と思ったら、昨年出たのはPGモデルで、今回はHGモデル。

僕はPGモデルを持っていてタイラバで使っていますが、さすがのマイクロモジュールギアです。オオニベとか釣れる海域なので、専らタイラバなのにソルティガとか使ってますけどね・・・。

PGだと巻きスピードが足らない!HGがいい!という人には炎月HGは選択肢の一つになるのでは。

グラップラー(リール)

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/4659

6月発売の新グラップラー。

グラップラーにも何と・・・「マイクロモジュールギア」搭載です!

剛性に優れる「HAGANEボディ」に「X-SHIP」、「マイクロモジュールギア」、「エキサイティングドラグサウンド」など先進の機構を搭載し、70mmのハンドルには「 CI4+」のラウンドノブを採用。PE3号-250mの大容量、ギア比6.2の巻上げは使い手やスタイルを選ばず、ライトジギングからディープの鯛ラバ、スロー系ジギングまで幅広く対応。

高レベルの何でも屋、って感じですかね?(笑)

ライトジギング、鯛ラバ、スロージギングに対応可能な70mmハンドル。
マイクロモジュールギア。

欲張りなリールですねこれ・・・。

ディアルーナ MB

「MB」はモバイル、そう、ついにディアルーナにパックロッド。

パックロッドと言っても、「スパイラルX」+「ハイパワーX」など、シマノの技術が惜しみなく投入され、バカにできないスペックのロッドですよコレ。

http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/4670

いつでも、どこでも、気軽にルアーフィッシングを楽しみたい。そんなアングラーのための高性能ソルトパックロッド「ディアルーナMB」。ブランクスには「スパイラルX」+「ハイパワーX」のダブルX構造を採用し、ブレのないシャープなキャストフィールとキレのある操作性を実現。リールシートにはカーボン強化素材の「CI4+」を搭載しグリップ部を軽量化。自転車や電車釣行、旅先や出張先での携行性に優れた4ピース逆並継設計。継数の多さを感じさせない美しいベントカーブで高次元のショアキャスティングゲームを展開できる。

パックロッドは相対的に価格が高くなるので、安くて性能の良いロッドなら2ピースのロッドを選ぶべきですけど、とにかく「持ち運びが楽」というのがかなり大きいです。
2本ほどパックロッドを持っていますが(パームスのショアガンとメジャークラフトのクロステージモバイル)、携帯性が高い、というのがこんなに便利なのか・・と思うくらいです。

気軽に釣りを楽しむのに、4本継くらいのパックロッドはかなりポイント高いですよ。

ソアレ CI4+ ディープ アジング

遂にシマノが専用ロッド出しますか!という近年流行しそうな「バチコン」ロッド。

http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/4668

バチコン、というのはバーチカルコンタクトの略、ボートなどを使って深場で大アジを狙ったりするルアーフィッシングです。

なので、「アジング」と名前にありますけど、Max56gのシンカーが使えるロッドです。

前から同じような釣り方自体はあったと思うのですけど、アジだけではなくロックフィッシュを狙ったり、オフショアでのバーチカルな釣りの名称が浸透してきた感じですね。

サビキ釣りとかのほうが当然数は釣れるのですけど、ゲーム性が低く、大量に釣れると作業みたいになってしまいますが、これだと1匹1匹を丁寧に掛けて引きを楽しみ、釣る、というルアーフィッシングならではの楽しみ方になります。

普段オフショアだと鯛ラバかライトジギングがメインですが、バチコンも楽しそうで、今年はちょっとやってみようかなと思っています。

という、シマノ新製品一覧から、個人的に気になるモノを紹介でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする