シマノより安価なエギングロッド「セフィアTT」が登場。SSとBBの中間を埋めるモデル。

シマノ

シマノから新エギングロッド「セフィアTT」が発表されています。

シマノから「セフィアSS」と「セフィアBB」の丁度中間くらいの価格帯に位置する新ロッド「セフィアTT」が発表されました。

 

出典:シマノ

 

セフィアBBが16,900〜18,900円という価格帯で、このセフィアTTは21200〜22800円、という価格帯です。

ちなみに上位のセフィアSSは27,500〜29,500円という価格帯になります。

セフィアTTは実売で15000円程度にはなると思うので、BBよりちょっと良いもの、という入門用としても良い価格帯ですね。

 

ちなみに私、エギングを全くしないので、本記事は書道半紙より薄い内容ですが悪しからず。ただの新製品紹介です。

 

 

セフィアTTの特徴

エギングでもっとも重要なテクニック「ジャーク」を、軽快かつオートマチック感覚で操れる性能を重視したハイパフォーマンスロッド「セフィアTT」。ロッド全身がしなやかに曲がるように設計し、手首を軽く動かすだけでロッドが大きくしなり、簡単にジャークをすることが可能に。またジャークやキャストのタイミングを掴みやすく、オートマチック感覚の性能を実現。ブランクスにはシマノ独自の基本構造[スパイラルX]を採用し、十分な強度を保持しつつ軽量化を達成。また、ネジレとつぶれの剛性も高まることで、しなやかなロッドにありがちなブレやダルさを抑制。リールシートにはカーボン強化素材[CI4+]を採用し、さらなる軽量化と高感度化に貢献。

出典:シマノ

特徴だけ見ると、セフィアBBとの大きな違いは「リールシートがCI4+である」というくらいに見えますが、(スパイラルX、ソフチューブトップはどちらも搭載)まあ正直ここだけでは分からない、というのが本来のところです。なので店頭でBBと振り比べる、という事が出来ると良いんですが・・という感じですね。フィッシングショーも無いのでなかなか難しいところですが。

私個人的には「CI4+リールシート」のロッドは、エギングロッドではなくシーバスロッドではありますが、19ディアルーナがあるんですけど、そんなに気になった事は無い、つまりは問題はないという事で割と好きな感じのリールシートではあります。

なのでBBシリーズのリールシートが気に入らない方はちょっとの差なのでこちらを選んでもいいかもですね。

 

セフィアTTのラインナップ

セフィアBBが11モデルなのに比べてちょっと少なめの8モデルの展開ではありますが、83〜86〜89まで一通りのレングスは揃ってるので、「89MHが欲しい」とかの拘りが無ければ通常使用するモデルは揃っている印象です。

 

で、これ今日シマノのサイトに載ってたんで書いてるんですけど、「2020/7発売」っていうことは、もう下手すると店頭に並ぶレベルですね・・・。

エギングロッドを新調しようという方、これから秋のエギングシーズンに向けて専用ロッドを揃えたい方に丁度良さそうなモデルかと思います。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました