シマノのクイックレスポンスシリーズ最高峰「19ヴァンキッシュ」に追加番手が登場(C2500SXG、C3000SDH、C5000HG)

シマノの超軽量スピニングリール、「19ヴァンキッシュ」に追加番手が登場です。

出典:シマノ

私も危うく何度かポチりそうになりながらも耐えているのが現状。

C2000SHGが欲しいのですが、異次元の「145g」ですからね・・。

というヴァンキッシュに、「C2500SXG」「C3000SDH」「C5000HG」の3つの番手が追加になりました。

それぞれスペック

気になる部分だけをピックアップしてみます。

<C2500SXG>

自重:155g(クソ軽い)

1回転:86cm(結構多い)

ハンドル長:50cm(XGなので長め)

<C3000SDH>

自重:175g(ダブルハンドルモデルですよ)

1回転:78cm(ノーマルギアです)

<C5000HG>

自重:220g(5000番でこの軽さ・・・)

1回転:95cm

という点が気になったポイントです。

ちなみに私の持っている18ステラ 3000MHGの自重が「225g」なので、まさかのヴァンキッシュC5000HGより若干重いという・・。

持ってないから素朴な疑問

19ヴァンキッシュを持っていないので、正直素朴な疑問だったりすることがありまして「C5000HG」のような番手はショアジギングとかで使うと思うんですけど

剛性が不安・・・

と、思うんですよ。選択するのはどういうシーンなのかピンと来ないんですよね。

ただ、スペックだけ見て勝手に私がビビってるだけで、実際は全く問題が無いレベルの剛性だったりするのか、というのが気になるわけですが

言われてみれば壊れたとかも聞いた事がない

という気もするので、私がビビりすぎな気もします。

シーバスくらいなら全然問題ないとは思うのですが、うーん、使うシーンがピンと来ない。

軽いとどうしてもこのあたりが気になります。

まあ、私のようにビビったりしてる人は、C2500SXGくらいを買って、ライトな釣りに使うのが良いかもですね。

それにしても、改めて見ても軽い・・・。

エギングなんかだと最高なんだろうなぁ。

という事で、エギングで待望のノーマルギアという人も居るかもなので、公式サイトでチェックしてみてください。

http://fishing.shimano.co.jp/product/series/vanquish/lineup/index.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする