2018年買ってイマイチだったなと思う釣具

そのうち「2018年買って良かった釣具」という記事を書くわけですが、先に「買ってイマイチだったなと思ったモノ」を書いてみようかと思います。

尚、あくまで「個人的な感想や用途による」ものであり、道具が悪いかはさておき用途や思ったほど使わなかったな、という理由ですので、誤解無きようお願いします。

というわけで3位からランキング形式で。

3位 3D インショア トゥイッチベイト

まずはルアーから。この「3D インショア トゥイッチベイト」を選びました。

こいつですね・・・僕の使い方が悪いのではというのはさておきですね

・沈むのが遅い

・リップが無いのでトゥイッチで水面から飛び出る

・かといってたいして飛びもしない

というルアーなんですよ。沈むのが遅いのはそういうもんだと思いますが、「トゥイッチベイト」とあるのにトゥイッチするとレンジをキープ出来ないのは如何な物かと思うわけです。

(リップ無いのに最初から気付けよという話ですが・・・)

足場が高い場合にこういう事が起きるので、イマイチ使い方が分からんというルアーです。

ちょっと鉛シールを貼ってみてウェイトアップ・・してみたもののさほど変わらず。

価格は非常に安いので、何かハマるシーンがあると良いのですが。

2位 18フリームスLT3000

まさかの!?恐らく2018年のヒットしたリールの代表であろう、18フリームスです。

先に褒めておくと「この値段でこの性能は非常に素晴らしい(ぶっちゃけ必要十分)」なリールで、初心者の方には非常にオススメなんですけど

ノーマルギア使わないわ俺

という事で、最初からハイギア買っておけばもうちょっと出番があったかもというリールです。ただハイギアのリール何台も持ってるのでノーマルギアにしてみたんですが、正直ルアー回収がめんどくさいんですよね・・。

という理由により、決してリールのせいではなく個人的に合わないという意味で三位。

ただ繰り返しになりますが、「この値段を考えると非常に良いリール」であることは間違いないですね。

第1位 スイッチヒッター SH-LBD

低価格帯のレバーブレーキリールとして、発売直後に買ったダイワのスイッチヒッター SH-LBDですが・・・3点気に入らない点がありまして

・ベールがオートで返る機能が邪魔(改造して取っ払った)

・ノーマルギアにすれば良かった(自業自得)

・レバー邪魔(本末転倒)

3点目はネタですが、まずベールのオートリターン機能がクソ邪魔です。

投げた瞬間にベールが返る、という事が何度も起きまして、ロック機能を使っても何度か起きてしまったので、もうその機能を取っ払った所快適になりました。

2点目の「ノーマルギアにすれば良かった」ですが、ハイギアだとやはりハンドルの回転が重いので、「ルアーを流れに乗せて流す」という事が出来ないのですよ。たぶんノーマルギアだともうちょっと流しやすいんですが、ハイギアだと回転が重いためダメです。

レバー邪魔、、、は使った事が無い僕のような人が使うと率直に思う事です(笑)

ただですね、「レバーを使ってシーバスとやり取りをする」は本当に面白いというのは付け加えておきます。

2回しか掛けてないけどね

というわけでノーマルギアをオススメします。

誰かノーマルギアのスイッチヒッターLBDと交換してくれないかなー。

<2018.12.30追加>

1つイラッと来たものが追加されました。

これはちょっと・・・という気がしています。

シマノ サルベージブレード

ブレードがもげた・・・。

完全修復不可能・・・。

ブレードが大きいルアーではたまにこういう事が起きるのですが、過去にコアマンのパワーブレードで起きたものの、パワーブレードは交換が可能なのでルアー自体がダメになるわけではありません。

しかし、サルベージブレードはルアーとブレード回転部分が一体になっているので、もはや修復が不可能。

写真見ての通り、どこかにぶつけたとかそういう事は全く無く、何回かキャストして巻いていたら途中で違和感を感じ、帰ってきたらブレードが無くなっていました・・。

ちょっと耐久性に難ありじゃないかなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする