【ダイワ公式】18フリームスLTの情報がダイワ公式サイトで公開!

既に各所で公開されている「18フリームスLT」ですが、ダイワの公式サイトでも公開となりました。

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/spin_rl/18_freams/index.html

既に公開されている情報ばかりで、公式なので目新しい情報が!という事は無さそうですけど、詳しく公開されています。

というわけでダイワの2018年の目玉となります「LTコンセプト」の第一弾リールとしての、18フリームスLTを再びご紹介。

低価格帯の「スタンダードリール」を目指した18フリームスLT

出典:ダイワ

最先端のフィッシングシーンを牽引すべく、ゼロから生まれた全く新しいフリームス。小型スピニングリール新時代のスタンダードとなるべく開発されたこのリールは、前作を遥かに凌ぐ軽量化を実現。エンジンにはタフデジギヤを搭載しファイトをサポート。また、ロングキャストABSスプールによる飛距離の向上とトラブルレス性能が大幅に向上。基本性能の大きな進化が、アングラーにより快適な釣りを約束。THE NEW STANDARD、それがFREAMS。

「LTコンセプト」によって基本性能がアップし、「スタンダードなリール」となった18フリームス。シマノの「17アルテグラ」とガチンコでバッティングするのがフリームスになりますかね。

ベアリング数、重量共に「18フリームスLT」のほうが上回っているようです。

更にアルテグラは「コアプロテクト」に対して18フリームスLTは「ピニオン部分にマグシールド」ということで互角くらいか?という防水性能です。

コアプロテクトの場合は本来ダメなんですけど、どちらもラインローラー部分には個人的には注油したほうが良い感じですね。

タフデジギア

重量以外ではこれが結構関心を集めてるのでは無いかと思うのですが

極めて滑らな回転を長く持続させるデジタル解析・切削技術を結集させた大口径ギヤ。

説明文はこれだけ・・・(笑)

まさか亜鉛ギアとか無いですよね・・・?とか、素材を気にする人も多いので、これはフィッシングショーで聞いてくる必要がありそうです。僕も気にしますけど。

LTコンセプトの型番解説

今回、スプール等のサイズも変更になるということで、こちらのサイズ解説ページも公開されています。

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/spin_rl/LT_LightTough/index.html

出典:ダイワ

「LT2500S-CXH-DH」とか言われると何ですかこれ・・・となりそうですが、詳細はこういうことのようです。

「LT2500S-CXH-DH」を日本語で表現するならば

「LT2500」 ・・・ LT2500スプールの

「S」 ・・・ シャロースプールで

「C」 ・・・ コンパクトボディ(1番手下のボディ)で

「XH」 ・・・ ギア比が6.0以上のエクストラハイギアで

「DH ・・・ ダブルハンドル

という事のようです。一見長くなっただけで大きく変わるわけではないみたいですが、覚えておいたほうが良さそうですね。

個人的に気になる所

大きくスペックアップして、まさに「スタンダード」なリールになったように見えますが

軽量化された分の剛性は大丈夫?

というのが正直なところ。

このくらいの価格帯のリールになると、軽さと剛性は反比例に近い関係ではあると思いますので、その点が少し気になりますね。

とはいえ最近のリールは良く出来てるんで、余程の事が無ければ大丈夫だと思いますけどね。

あとは「18カルディア」が出ることで、「17セオリーって要らない子なのでは・・・」という点が気になります。持ってるだけに(笑)

欲しい番手

前から買おう買おうと思っていて買っていないのが「ノーマル/ローギア」の番手です。

ダイワだと丁度よいのが無いので、15ストラディックか17アルテグラにしようかな・・・、と思いつつも実現していませんでしたが、今回「18フリームスLT」が出るので丁度よい番手が

LT3000

かなと。一巻き77cmでPE1号が200M巻ける、という丁度よい感じです。

もうちょっと巻き取り量は小さくても良かったかな、という気はしますが。

大体14000円くらいなので、セール時期くらいになれば12000円くらいにはなりそうかな。

追記

ノーマルギアのリールが欲しかったため、「LT3000」を買いました。

12000円程度で買いましたが、この価格帯を考えると非常に良いと思います。

巻き心地、重量バランス、思ったより剛性も高い、という感じで、今からリールを買う時には良い選択肢ではないかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする