9gなのによく飛ぶシャロー用ルアー「ERDA 零 INNOVATOR(アーダ ゼロ イノベーター)」インプレ

1年位前から買おうと思っていて、ついつい買っていなかったルアー。

それが邪道の「アーダ 零 イノベーター」です。

いや実は忘れていたというかちょっと高価なので躊躇・・というのが正解でしょうか。

しかしながら「邪道」のルアーなんですが、

完全に目がカワイイ。目が。

あまり邪道っていう感じがしない(そもそもスーサンとかも別に荒々しさとか無いけど)

という見た目はさておき、投げてみたのでインプレしてみます。

その前に「アーダ 零 イノベーター」おさらい

出展:Ja-do

全長が81.5mm、重量9g、#6のフックが2個、0〜20cmのレンジが対象、というルアーです。

潜航深度MAX20cm(ロッド位置により多少変化)干潟や河川など、広大にシャローフラットが続くエリアではボトムをとってしまい、釣り辛いことが多い。そんな部分を完璧に解消したミノーそれが「零」だ。驚くのはフローティングであるにもかかわらず、自社製品60mm〜90mmクラスの中でTOPクラスの飛距離を叩き出すという部分。ここに注目してほしい。千鳥アクションは勿論、デッドスローからファストまで対応。使い方はアングラー次第で何通りもの技を繰り出すことが出来る。

という紹介文にあるように、とにかく「9gの割にはよく飛ぶ」というのが特徴の一つ。

さらにルアーを引いてくると時折発生する「千鳥アクション」がバイトを誘発・・するはず。

という感じが本当か?という事で投げてきました。

投げてみた

河川で投げてみました。

実際に飛距離は、というと「9gと考えるとよく飛びます」というのが結論。

当然ながらもっと重量のあるガルバ73とかのほうがよく飛ぶんですけど、9gと考えると最高クラスの飛距離ではないかと思います。

そして別角度からの写真がこちら。

なかなか特徴的な形状をしています。

斜めからの写真がコチラ。

この形状に秘密があるのか、実際に引いてくると、時折「脱軌道アクション」と言いますか、変則的な動きをします。これが「千鳥アクション」なのだろうと思いますが、河川で別に何らアクションを付けずとも自動で発生します。

普段は小刻みなウォブンロールをする、という動作なのですが、タダ巻きだけで勝手にアクションしてくれるので非常に楽。

早巻きしてもある程度のレンジを維持してくれるので、ゆっくり巻いたり早巻きしたり、という使い分けと、勝手に発生する千鳥アクションでシーバスを連れてきてくれそうです。

やはりドシャローで使うべきルアー

ロッドを下げると20cmよりもう少し深く潜るように見えますが、基本的には表層直下型のルアーなので、ゆっくりした動作に反応しない時に、少し早巻きで戦えるルアーとして「使えるルアー」ではないかなと思います。

ただ軽いのでMクラス以上のロッドだと投げた感が薄いかも。

飛距離は出るので、ちょっと色違いが欲しいなぁと思わされるルアーですね。

今の所釣果はありませんが、普通に投げれば釣れそうなルアーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする