たまにはエントリーモデル買ってみた。これはお値段以上なダイワ「レガリス LT 2000S」

ダイワ

私主に中級クラスくらいのリールを買うんですけど、たまには

私も昔はレブロスとか使ってたんですけど、そこからカルディアに行き、ツインパワーに行き、セルテートに行き、という一度ハイエンド沼に入ってしまってからは、大抵中級クラス以上のリールを買うことが多かったんですけど

珍しくエントリーモデルとしては非常に評判の良い、「レガリスLT」なんてものを買ってしまいました。番手はLT2000Sです。

買ったお値段は6,700円くらいで、10%くらいポイント還元があるので実質6,000円くらいですかね。激安ですわ。

ちなみにヴァンキッシュのC2000SHGが4万円ちょいと考えると、お値段6分の1くらいです。恐ろしい値段差ですね。

 

なんでまた買ったのかという事、実際にはまだ使ってませんが所感などを参考までに。

 

なんでレガリスLT2000Sを買ったのかと言いますと

実は最初「カルカッタコンクエスト 101HG」を買おうとしてたんですよ。5万円くらいですね。ポイント還元されても4.5万くらい。

 

シマノ 20カルカッタコンクエストDC101HG

 

カルカッタコンクエストは見た目もカッコよくていつか欲しいなとは思ってたんですけど

 

実釣性能は別にタトゥーラSV TWで十分である

 

という事がずっと引っ掛かりまして、今回は一旦やめました。

でいきなり振り切ってレガリスLTになったんですが、これ何に使うためかと言いますと

 

マイクロワインドのため

 

なんですよ。ヴァンキッシュあるのに何で?という所を解説するとですね、ヴァンキッシュは「C2000SHG」という番手でして、一巻きが「82cm」という巻取り量がありまして、これマイクロワインドでは巻取り量が多すぎるんですよ。

ヴァンキッシュでジグヘッド+ワームをダートさせる時に、明らかに巻取り量が大きすぎるんですね。なのでデジ巻きみたいな事をしないといかんわけです。これがめんどくさい。

という事で巻取り量を解決するために今回はノーマルギアのモデルを選んだわけですが、最初は18カルディアを買おうとしてたんですけど

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥18,473 (2020/08/06 08:46:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

私に悪い癖がありましてね、「使わない」というやつなんですよ。売れば良いんですけどもそれも面倒くさい。

という事で、使うかどうか分からんものにお金かけるのものなぁ、という事で白羽の矢が立ったのが、評判の良いレガリスLT、というわけなんですね。

 

 

レガリスLT2000Sの箱開けと空回しインプレ

 

毎回リールを買うたびの最初の発言が

 

巻き心地が重っ

 

っていうやつなんです。これ当たり前なんですが最初はグリスがべったりなんで、巻きが重いわけです。

しばらく使い込んでいくと段々と巻きが軽くなるんで、箱開け空回しの印象はあんまり役に立たないわけですが、それでもですね

 

ヴァンキッシュ巻き始め軽すぎてウケる

 

というくらいに差はあります。ヴァンキッシュマジ凄えとなりますが、お値段が6倍なのでさすがにね、という所です。

 

あとはやはりハンドルが折りたたみの供回り式なので、若干ガタツキが気になる所ではありますが、

 

なんたって6000円台です

 

これは全然許せる範囲で、巻き心地はそこそこ良いですねこれは。高評価なのも頷けます。

 

 

ということで使ってもない癖にこの時点で言いますけど、これ「間違いなくオススメのリール」ですね。

だって6000円台ですよ。最近のエントリーモデルの進化が半端ないですね。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥7,420 (2020/08/06 08:46:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

最近はコロナの影響で「釣り」という趣味を始めてみた人も多いと思うのですが、「レガリスLT」クラスを買っておくと間違いないです。

 

 

という事で次回は使ってみたインプレと、半年後くらいに耐久性をまたお伝えしたいと思います。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました