ネーミングが潔すぎるダイワの新ベイトリール「フネ X」

ダイワのWebサイトを見ていたら、11月のリール新製品の所に新しいリールが。

「フネ X」

さすがに潔すぎて二度見するレベルでした。

ボートXとかじゃなくて敢えて「フネ」としているのが潔いですね。元々ロッドで「フネ」シリーズはありましたが、今回リールが登場のようです。

別に良いネーミングとは思いませんけども

という、電話で問い合わせようものなら「は?」と聞き返されそうなフネ Xですが、オフショアのでの鯛ラバ入門用などに良さそうな低価格帯リールのようです。

出展:ダイワ

正直ですね、ちょっと格好いいのが残念ですね。

結構高級感を感じますし、1万円ちょいのリールという感じもしません。

ちゃんとブランド名付けたらいいのに・・。

フネ Xの詳細

何か「フネ X」ってずっと見てたらゲシュタルト崩壊しそうになってきたんですが、それはさておきスペックなどを紹介。

自重190gと軽量&コンパクトだから操作性も良く、ラインキャパもPE1.5号-200mと豊富だから幅広いターゲットに対応。ハンドルは、100mmロングハンドルアーム+EVAノブ仕様で、滑りにくくパワフルな巻上げが可能。さらに、仕掛けの重さに合わせてブレーキ力を調整できる『MAGブレーキ』が搭載されているので、キャストも安心。そして、スーパースプールフリー仕様でスムーズな仕掛け落下ができる。

自重も軽く、PE1.5号が200M巻けるということで、タイラバに良さそうです。

(タイラバの場合は0.8号とか巻きますけどね)

スペックとしてはこちら。右巻き・左巻きで全く同じです。

しかし、ダイワのサイトを見ていて気になったのですが

ATDやらマグシールドやら、ダイワらしい機能が一切書いていない

という事なのです。元々スピニングに比べるとあまり書いてないんですけど、全く書いてないので全て非搭載なんでしょうか・・?

という、まだちょっと詳細がイマイチ分かりませんが、正直オフショアなんて余程波が穏やかでも無い限りは「巻き心地」とか気にしている余裕なんて無い事も多いのと、オフショアでリールがトラブろうものなら、直すと酔うのでサブリールを持っておくのが非常にオススメです。

という意味では選択肢としてかなりアリではないかな、と思ったりしますね。

ちなみに僕のタイラバ用メインリールはシマノの炎月なんですが、実際の所

マイクロモジュールギアなんて船の上ではあんまり関係ない気がする(忘れてる)

というのが本音です。

というわけでサブリールにフネ、どうでしょう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする