ロックフィッシュのキープに便利なバレーヒル「HRX ロックフィッシュキーパー40」

ロックフィッシュ・・・
人気のターゲットではありますが、近所ではほとんどカサゴしか釣れないので僕はあまり狙ったりしないんですけど、今人気の釣り対象魚と言えばロックフィッシュではないでしょうか。

釣って楽しく、食べて美味しいというロックフィッシュ。

せっかく釣ったからには美味しく食べるために締めても良いのですが、「しばらく生かしておく」というのも一つの方法です。

そんな時に便利なのが、今回紹介するバレーヒルの「HRX ロックフィッシュキーパー40」です。

HRX ロックフィッシュキーパー40の特徴

出典:バレーヒル

一見、普通のバッカンのような形状で横がメッシュになってるだけ、という感じがしますが、

上部が「浮力体」になってまして浮くようになっていて、ちょっと便利なメジャーが付いています。

さらにメーカー紹介文を引用すると

側面は水通しの良いメッシュで弱りを軽減。移動の際にも底部に海水が溜まる薄いマチを設けたことで、乾燥を防ぎ移動時のダメージを軽減します。スカリの上部は浮力体になっており、スリットを設けているためコンパクトに折り畳むことができます。折り畳んだ後は、付属の防水バッグに濡れた状態で収納できます。

この商品と近い商品として、DRESSの「フローティングスカリ」があるんですが、大きな違いとしてはこの部分

「移動の際にも底部に海水が溜まる」

と、あるように底に微妙に海水が溜められるようになっています。そのおかげで魚が弱りにくくなりますね。

ただこれは持ち運び時には邪魔、と思う人も居ると思うので、何箇所も移動するような人はこちらの「HRX ロックフィッシュキーパー40」を、近い場所でじっくり攻めるポイントの場合は「フローティングスカリ」のように、自分の行くポイントでの使い分けが良いと思います。

他にメッシュタイプのメリットとしては、持ち上げる時に水が抜けるので軽い、というところでしょうか。

どちらも「浮く」っていうのが良いですよね。

オールメッシュが良い、という方や、大きいサイズが欲しい、という方はDRESSのほうが良いかも。

どちらも別に「ロックフィッシュ専用」というわけでもないので、魚を活かしておくという用途で言えば使い回しが効く便利アイテムですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする