そろそろ釣りで日焼け対策が必要な季節になりましたね、ということでまとめ。僕は手遅れです。

先日初めて「岸壁ジギング」なるものをやってみまして、結果は一切釣れなかったので釣行記は無いわけですけど(そもそも宮崎港でやってる人を見たことが無いので釣れるか不明)、岸壁ジギングというのはですね

デイゲームでやるらしい

という事で思いっきり真っ昼間にやってたんですが、結果

首が日焼けで痛い

という事が発生しました。

いい加減日焼け対策をしないといけない年齢ではございますので、対策製品を紹介します。

一応、いくつか持っているのでそちらも紹介。

釣りで日焼け対策が必要な箇所

・首

・腕

・足

・顔

という、露出しているところは基本的に全部なわけです。

おろそかにすると、後でひどい目に会います。

腕(アームガード)

RBBのアームガードを所持しています。長袖シャツタイプだと、日陰でわざわざ服を脱がないといけないわけですが、腕だけなので脱着が容易。

思ったより暑く無いので良い製品なのですが

手の甲が守られないので手首より先は真っ黒になり、時計を付ければ若干ごまかされますが、時計を付けてない右手は恐ろしい事になるのがデメリット。

日焼け止めと併用がオススメです。

あと、上記より優れた一品がこちらの「防蚊」対策済みの製品。

僕は海で釣りをすることが多いのと、割と流れの早い河川で釣りをする事が多く、昨年あまり蚊に刺された覚えが無いんですけど、蚊に刺されないに越した事は無いので、こちらのほうがオススメです。

足(レッグガード)

こちらは持っていませんが買おうかなと思っているRBBのレッグガード。

日焼け対策だけではなく、こちらも「防蚊」という事で蚊も対策出来る優れた一品。

こちらも邪魔な時に脱げるというのがとても便利です。

毎年足の甲はサンダル焼けするんですが、そちらはもはや気にしない事にしています。

首(ネックガード)

こちらが今年導入しようと思っているネックガード。

またRBBかよ!というのはさておきで。

派手すぎず、かといって地味すぎず、黒だと暑い、となるとカモ柄がよく候補になります。

値段も安いですね。

いっそのこと上半身

腕、首、顔を対策するのが面倒、という場合はいっそのこと上着を変えるという方法もあります。というところで持っているのがこちら。

オフショアで使おうと思っていたんですが、最近オフショアに行ってません(笑)

ジッパーを上げてしまえばもはや上半身全体をカバー出来る一品ですが、その姿はカッコよくはありません。

そして今見つけたのがアブガルシアの「スコーロン ドライフーディー」

何が凄いのかというと

虫が ”とまっても、くっついて来ても、逃げていく” 帝人フロンティアとアース製薬が共同開発した繊維に虫を寄せつけない特殊加工を施したSCORON(スコーロン)ファブリック使用シリーズ 防虫・UV・吸汗速乾機能、消臭ネームタグ、リフレクターロゴプリント

出典:アブガルシア

虫がとまっても逃げていく・・・という防虫素材。

これは期待出来そうな一品ですね。

という事で早めの対策をオススメします。僕のようにならないように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする