シーバス釣行用に実績ありルアーを揃えていくよ。その1「タックルハウス ローリングベイト」

先日より「エリア10」の威力により、これまで「難しい」と思っていたシーバス釣行が「実績ありルアーを使えば意外と釣れる」という事に気づきまして、「有名ルアーを揃える」という安直な事を始めました。

その第一弾として選択したのが、タックルハウスの「ローリングベイト

新しいルアーでも何でもないんですが、「釣れる」と評判のルアーです。

買ったサイズは「RB77」です。丁度15gくらいが使いやすいのでRB77をチョイス。

そもそもローリングベイトって

改めてメーカーの紹介文を引用。

小さなボディはしっかり重く、飛距離はジグ並。背中のリップとタイイングアイで、これまでのジグミノーに比べてしっかりと泳ぎ、ミノーと変わりないローリングアクションを手に入れました。また、バイブレーションプラグに比べても、泳ぎの単調さはなく、アピール力抜群の仕上がりとなっています。

RB77は15gのウェイトがあり、シルエットも比較的コンパクトなので飛距離は抜群にあります。
背中のリップがおそらく当時では「類を見ない」ルアーだったと思います。今でも同じようなルアーはほぼ見かけません(アクションが近いものはあると思いますが)
そのくらい独自なルアーだと思います。

お値段

1500円なのでシーバス用ルアーでは普通です。

1500円なんて怖くて買えない・・と思っていた時期が僕にもありましたが、シーバス始めると段々と麻痺してきます(笑)

まあシーバス用ルアーなんて、もの凄いピンポイントで攻めたりしなければたいして無くさない(あとちゃんとタモ持って行きましょう)ので、別にそう思えばメタルジグとそんなに変わらないかもです。メタルジグは根掛かりで無くしますし。

使い方

基本的には「ボトムを取ってからタダ巻き」で良いです。

まずは遠投してボトムを取り、5〜10回巻いてまた落とす、というアクションだけで、シーバスが「ガツン!」とアタックしてきます。

巻いていると非常に小さく振動するのが分かります。

これがシーバスに効くんですかねー、ガツンとひったくる系のアタリが来ると病みつきになりますよ。

僕の場合、河川での実績が高いです。

とにかく圧倒的な実績

いろんなブログでオススメルアーが紹介されていますが、かなりの高確率で出てくるのがこのローリングベイトです。そのくらい実績豊富。

タックルボックスにあって損の無いルアーですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする