チニングの難題・・シンカー調達に朗報なフィッシュアローの「フリリグシンカー タングステン ファット」

チニング

売ってないんですよシンカーが

年末年始に地元に帰省したんですが、その際目的が2つありまして、1つはチニングの聖地であるトップバトラーさんに寄ること、そしてもう1つが釣具屋巡り、という釣りバカです。こんにちは。

釣りは西高東低と言われる事もあるように、関西のほうが人気があるスポーツです。なのでフィッシングショーの来場者も関西のほうが多いわけです。ということは釣具屋の充実ぶりは大阪が凄いわけですね。

という事で釣具のブンブンやフィッシングエイトに行ってきたんですが

 

バザーズワームシンカーが売ってねえ・・・

 

いや正確には人気の「7g、10g」が軒並み品切れという感じで、5.3gや14gは売ってるわけなんですよ。でも私が必要だったのは10g。7gは大人買いしたのでストックが大量にあります。

という万年シンカー不足が起きているチニングにおいて、他のメーカーも是非参入して欲しいと思っていたら、フィッシュアローさんが出してくれましたよ。

その名も「フリリグシンカー タングステン ファット」です。

出典:LureNews.TV

 

前からフィッシュアローってタングステンシンカーありませんでした?という方も居るかもですが、既に発売されていた「フリリグシンカー タングステン」は塗装が無く、シルバーのシンカーだったわけです。

もちろんそれでも釣れるんですが、シンカーが光ってアピールしてしまうと、フックではなくシンカーにバイトしてきてしまったり、クリアウォーターだとギラギラを嫌がるチヌが居る、という事で、マット塗装されているバザーズワームシンカーが人気なわけです。

手に入らない時はしょうがないので塗装したりしてましたが、1回の釣行で塗装が剥げてしまうので面倒だったんですよね。

なのでこの「ファット」タイプはそこが考慮されたマット塗装。これはイケていますね。待ってました感です。

 

使用している動画がこちら


シンカー以外にもリグの紹介などもあり参考になる動画ですね。

ちなみに黒田プロが使用している「リグスベル」はこれです。

私もシンカー変えるのに結束しなおすのが面倒なのでMKリグなんですが、リグスベル導入しようかなぁ、と思いました。

という事でシンカーの選択肢として確実に使えます

これから買ってみよう、という方は、まずは人気の7gと10.5gがあると良いかなと思います。

 

殆どはこの2つで対応できると思います。5gや14gは水深・流れの速さ・根掛りの多さで使い分ければいいかなと思います。

公式サイトはコチラです。

 

タイトルとURLをコピーしました