鯛ジギング用のタングステンジグ「BIN-BIN METAL TG(ビンビンメタルTG)」タングステンならではの小粒シルエットでマイクロベイトに。

ノッコミシーズンだというのにちっともオフショア釣行に行けていません。

さらに週末だというのに外は爆風で釣りにならない気配・・。

しょうがないのでいろいろ巡回していたら、ジャッカルよりタングステン製の小粒なシルエットのメタルジグ「ビンビンメタルTG」が発売。

出典:ジャッカル

ビンビンメタルTGの特徴

小さくてもよく動く。フィネスの極みここにあり。
より”コンパクト”に、かつ”アクション”する鯛ジギング専用タングステンジグ がビンビンメタルTGです。
高比重素材のタングステンを採用することにより、鯛ラバよりもはるかにコンパクトなシルエットを実現しました。
さらに、フォールではヒラヒラと舞い落ち、誘い上げでもリールを巻くだけでアクションする、よく動くメタルジグに仕上がっています。ある時は、カタクチイワシやイカナゴなど特定の小魚に執着している真鯛に対してのマッチザベイトとして、またある時は、鯛ラバの波動やネクタイのボリュームすら嫌う真鯛に対して、コンパクトなシルエットで繊細に誘うことも可能です。
ワンピッチショートジャークあるいはリフト&フォールや、潮が効いて入ればただ巻きでの誘いが基本的な使い方です。また、キャスティングやドテラ流しにも対応。着底後巻くだけで、ボディが潮を受けてアクションします。
ビンビンメタルTGが、鯛ラバに更なるゲーム性をもたらします。

出典:ジャッカル

この時期、意外とタイラバよりメタルジグに反応が良かったりする時期でもあり、僕も以前有志の大会で優勝した時はメタルジグでの釣果でした。

さらに今は宮崎ではマイクロベイトのシーズンでもありますので、小粒なメタルジグへの反応が良い時期でもあります。

マイクロベイトパターンの時はガチで大きなジグに無反応なので、タングステン製のジグは高価ですが必須なアイテムになりますね。

解説動画

小粒なシルエットなのに、巻くとユラユラと魚を誘うアクション、フォールでヒラヒラと落ちる弱った小魚を演出出来るジグになってますね。

さらにフックもフッ素加工専用フックにより、小粒なルアーにありがちなフックの弱さも無さそうで、口の固い鯛にしっかり貫通してくれそうです。

他の鯛専用ジグ

タックルハウスの「タイジグ」が有名ですね。

他に僕がよく使うのは、ちょっと高価ですが「マイクロフリップ」です。
九州では使ってる人多いです。

オフショア用は60gが良いですね。

こういった小粒なジグは結構いろんな魚が釣れて楽しいので、鯛以外もいろいろ狙えます。

タイラバに飽きた時に使えるよう、用意しておくと良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする